MarkeZine(マーケジン)

記事種別

目ざわりな広告を、有益なコンテンツへ。その期待が寄せられる「ネイティブ広告」とは何か?

2013/07/01 08:00

 この連載では、第1~3回目にわたって「ブランデッド・コンテンツ」について、概念から作り方まで説明してきました。今回からは、次世代コミュニケーションの新たなキーワードの一つ「ネイティブ広告」について、田中善一郎氏に解説していただきます。(バックナンバーはこちら)

有力ネットメディアがこぞって着手する「ネイティブ広告」

 「広告が目ざわりだ。」最近、このように広告を煙たがる消費者が増えているのではなかろうか。メディア接触端末としてスマートフォンなどのモバイル端末が普及するに伴い、さらに不満の声が一段と高まっているようにも思う。

 それに対しメディア(パブリッシャーなど)と広告主(ブランド)は、その不満を払しょくすべき次世代広告のあり方を探ってきた。そこに昨年半ばあたりから米国で急浮上してきたのが「ネイティブ広告」である。下記のような、有力なインターネットメディアが一斉にその新しい広告モデルに飛びついたのだ。

ネイティブ広告に取り組む有力ネットメディア

【伝統新聞のサイト】
New York Times、Washinton Post、Wall Street Journal
【伝統テレビ/ケーブルのサイト】
NBC(Breaking News, Today.com、CNBC)、CNN
【伝統雑誌のサイト】
Forbes、Atlantic、Hearstの雑誌、Timeの雑誌、Conde Nastの雑誌
【新興新聞のサイト】
Huffington Post、Politico
【アグリゲーター】
BuzzFeed、Techmeme
【ブログネットワーク】
Gawker、Mashable
【ソーシャルメディア】
Facebook、Twitter、Tumblr、Foursquare、YouTube

 これら以外の主要なネットメディア・サイトも、ネイティブ広告を検討している。多くはすでにネイティブ広告を試しており、また公式の広告メニューを用意し本格的なサービスに乗り出すメディアも現れている。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

All contents copyright © 2006-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5