MarkeZine(マーケジン)

記事種別

カンヌ広告祭「イノベーション・ライオンズ」を受賞したC++ライブラリ「Cinder」とは

2013/07/01 16:15

 「The Cannes Lions International Festival of Creativity(以下、カンヌ広告祭)」は今年1月、クリエイティブなアイデアを実現するテクノロジーとイノベーションにフォーカスしたカテゴリー「Innovation Lions」を新設すると発表した。これは、個別のプロダクトではなく、新たなクリエイティブ・コミュニケーションを可能にするテクノロジーに対して与えられるもので、アプリ、ツール、プログラム、ハードウェアなど形態は問わない。

 今年で60年目を迎えるカンヌ広告祭は6月16~22日に開催。「Innovation Lions」はIntelがスポンサーとなり、2日間にわたって25のプレゼンテーションが行なわれた。「Chrome Web Lab」(Google Creative Lab)、「Nike+ Kinect Training」(AKQA London)、「necomimi」(Dentsu)など、世界各国の競合がエントリーしてプレゼンテーションを行ったが、この部門初の受賞を果たしたのは、米国The Barbarian Groupの「Cinder: Advertising Goes Open Source」だった。

カンヌ広告祭「Innovation Lions」受賞者紹介ページで公開されている「Cinder」紹介動画より
カンヌ広告祭「Innovation Lions」受賞者紹介ページで公開されている「Cinder」紹介動画より

 「Cinder」は、プロフェッショナルでクリエイディブなコーディングのために開発されたオープンソースのC++ライブラリで、Mac OS X、Windows、iPhone、iPadなどのプラットフォームに対応。グラフィック、ビデオ、ネットワーク、画像処理などを直観的にプログラミングすることができる。もともとは、アップルのiTunesヴィジュアライザーの実装のためにインハウスツールとして開発されたもので、のちに雑誌『Esquire』のAR(拡張現実)特集号にも使われた。

 Cinderは、身体の動きに反応するインスタレーション、モバイルアプリ、音楽のヴィジュアライザー、スクリーンセイバーなどの開発のために世界中のデザイン会社で使われている。しかし、C++は決してやさしい言語ではない。なぜCinderがC++ライブラリとして実装されたのかについて、Cinderの公式サイトでは、C++はパワーとパフォーマンスが優れていること、非常に成熟し安定した言語であること、クリエイティブなコーディングのためのライブラリが無数にあることなどを挙げている。

【関連記事】
電通、カンヌでPerfumeとセミナー開催
カンヌ国際広告祭のGREY主催の音楽セミナーに パティ・スミスが登場
第12回モバイル広告大賞~グランプリは目標売上5倍達成を実現したピザ注文アプリ
コラボツール「codebreak;」で、無料・無制限のプライベートリポジトリを提供する「gitBREAK」
IBM、ソフトウェア・デリバリー自動化のUrbanCodeを買収

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5