SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通、カタリナとビッグデータ活用マーケティング・スキーム共同開発

 電通とカタリナ マーケティング ジャパン(以下、カタリナ)は、実購買データなどのインサイトを活用し、企業のマーケティング活動を刷新するマーケティング・スキームを共同で開発した。両社は今後、本スキームを活用したソリューション・サービスで協業し、7月16日より両社の顧客企業向けに提供を開始した。

 カタリナは、日本全国の総合スーパー、スーパーマーケット、ドラッグストアの店頭において、POS連動の店頭メディア『レジ・クーポン』を活用したターゲット・マーケティング戦略の企画・立案・実施・効果検証を行っている。

 昨今、顧客企業による「ショッパーマーケティング」への対応ニーズが高まっている。ショッパーマーケティングとは、商品を買ってもらうために、購買時点での買い物客の行動や意識の実態を知るためのマーケティング手法のこと。

 こうした状況を踏まえ、両社は、電通が保有する生活者の価値観データやメディア接触データと、カタリナが分析している実購買分析、ならびにその分析を元に買い物客一人一人に対応する同社のパーソナライズドメディアプログラムというノウハウを組み合わせて、これまで困難であった高精度なプロモーション活動とその効果測定を実現した。

 パーソナライズドメディアプログラムとは、日本の主要なスーパーマーケットを中心とした約4,500店舗のレジで、買い物客の購買特性に合わせて展開するカタリナ独自のメディア広告(クーポンまたはメッセージ)のこと。

【関連記事】
電通、スマホをかざすとデザインが飛び出す「あそべるTシャツ」開発
電通、1200億円規模の資金調達
電通とスポットライト、業務提携~CRMと購買行動履歴を一元化し、O2O施策効果を可視化
電通、情報戦略プランニングツール「くちこみデザイナー」開発
運用型デジタル広告専門会社「ネクステッジ電通」設立

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2013/07/16 11:00 https://markezine.jp/article/detail/18141

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング