SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第76号(2022年4月号)
特集「リテール最新動向」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

LINE、メディアサービス「LINE NEWS」提供開始~スマホ時代のニュースサービスNo.1を目指す

 LINEは、同社が運営する「LINE」において、メディアサービス「LINE NEWS」(iOS・Android 対応/無料)の提供を開始した。

 PCからスマートフォンの時代になり、ユーザーのトラフィックや滞在時間は現在のPCベースのポータルサイトから、LINEのようなコミュニケーションサービスへ大きくシフトしている。ポータルサービスの中核を担うニュースメディアにおいて、ニュースのパーソナライズなど様々なチャレンジが成されてきたが、現在に至ってもPCポータルでのニュースメディアが確固たる地位を占めている。

 LINEは現在、世界1億9千万人、日本4,500万人以上のユーザーを有している。これまでも豊富なスマートフォンユーザー基盤と高い利用率を活かし、LINEをスマートフォンのポータルとして、様々な連携サービス・アプリを展開するプラットフォーム戦略を推進してきた。

 今回サービスを開始する「LINE NEWS」では、LINEが運営している「livedoor ニュース」で培ったポータルニュースサイトの編集力、「NAVER まとめ」のキュレーションの革新性を集約、再構築する。スマートフォンユーザーに最も適したニュースの在り方として、ひと目で最新の話題やニュースが把握できる「やさしいニュース」スタイルを提供する。

【関連記事】
LINE、福岡に新社屋を建設
ツイッターで「LINEするね」、ツイッター話題度ワードランキングで光る「LINE」の強さ
CyberZ、スマホ広告向けソリューションツール「F.O.X」を「LINE フリーコイン」と連携
FacebookにAmeba、LINE等、PCとスマホでどのようにサービスを使い分けているのか?
LINE、インセンティブ付きアプリ紹介サービス「LINE フリーコイン」スタート

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2013/07/18 15:00 https://markezine.jp/article/detail/18153

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング