SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

10年間の企業ブランド評価、グーグルがアマゾンを抑え総合トップに【日経リサーチ調査】

 日経リサーチは、過去10年間のデータに基づいて企業ブランドを多角的に評価した「ブランドX(テン)-ブランド戦略サーベイ10年分析」の結果を発表した。

 2003年に始まった企業ブランド調査「ブランド戦略サーベイ」で、2012年までの10年間に渡って継続してブランド力を測定した主要277社のデータを分析。今回の分析では、各社のブランド力を表す測定スコアの平均値だけでなく、上昇幅や上昇回数というスコアの勢いも加味した。

 その結果、ブランド力の平均値で首位の日本マイクロソフトを、10年間にブランド力が大幅上昇したグーグルの勢いが上回り、総合トップに。上位5社中4社を外資系IT企業が占めた。

 また、日本企業ではヤマト運輸の4位が最高であった。それに6位パナソニック、7位ユニクロなどが続いた。ヤマト運輸のブランド力は微減したが、10年間高水準を維持したことが高評価につながった。ユニクロはトップ20内の日本企業で唯一、10年前よりブランド力が上昇した。

 調査の結果、10年前よりブランド力が上昇した企業は36社で全体の1割強であった。上位企業は「製品・サービスの企画開発力が強い」などのイメージが強かったが、日本企業はこの項目が低下している傾向がみられた。

【関連記事】
サポート優良企業、トップはオルビス【日本ブランド戦略研究所調べ】
アップル、今年もブランド価値世界トップに【ブランド価値ランキング】
Twitterフォロワーのブランド好意度・購入意向の向上が明らかに
「ブランド・アジア2013」~日本ブランドではSONY、HONDAが健闘
小売ブランドランキング「Best Retail Brands 2013」発表~日本1位はユニクロ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2013/07/25 12:00 https://markezine.jp/article/detail/18193

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング