SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

楽天 USA、商品データフィードを提供するPopShops.comを買収

 オンラインショッピングは、商品データフィードの質が広告主の売上に多大な影響を与える一方、広告主やメディアサイトによる正確な最新データの提供と活用には、複雑なデータの加工プロセスが必要となる。

 PopShopsは、4000社以上の広告主から提供される何百万点もの商品データを解析し、最新の状態に維持し、それらを価格比較サイトやクーポンポータルサイト、ブログやポイント還元系サイトなど2万5000社のメディアサイトへ提供している。

 楽天USAは今回、楽天グループのB2B(Business to Business)マーケティングを提供するサービスブランド名を「Rakuten Marketing」に決定。今回のPopShop買収は「Rakuten Marketing」が目指す総合的なデジタルマーケティングプラットフォーム構築の初案件となる。

 PopShopsは「Rakuten PopShops」と名称を変え、同社の技術は、「Rakuten Marketing」が提供するアフィリエイトマーケティング、リードマーケティング、ディスプレイ&ターゲティング広告、サーチエンジンマーケティングなどから構成されるデジタルマーケティングソリューションのポートフォリオに含まれる。日本でのサービス開始は未定だが、今後は広告主や消費者ニーズをとらえ、Rakuten PopShopsのサービス導入の検討を行うとしている。

【関連記事】
Eストアー、月間約6,000万人へアプローチできる商品データフィードサービス
ディスプレイ広告の運用からタグ・データフィードの導入支援まで「OMATOME」
TAGGY、オプトとデータフィード最適化エンジン共同開発
コマースリンクとサイジニア、ECデータフィードサービスとリターゲティング広告を連携
楽天2Q決算、好調の国内ECはモバイル・タブレット流通総額が前年同期比48.4%増

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング