SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

アップル、バーバリーCEOを小売事業の責任者に、ファッションとITのラグジュアリーブランド戦略

 MarkeZineでもお伝えしているとおり、英国のラグジュアリーブランドBurberry(バーバリー)は積極的にデジタル戦略を打ち出し、ビジネスを展開していることで知られている。そのCEOを務めるアンジェラ・アーレンツ氏が、2014年春、アップルの小売とオンラインストアを担当するシニア・ヴァイス・プレジデントとして迎えられることになった。

 アーレンツ氏はファッション業界でキャリアを積み、ダナ・キャラン、リズ・クレイボーンなどを経て、英国のラグジュアリーブランド、バーバリーのCEOに上り詰めた人物。

 アップルがファッション界から人材を求めたのは今回がはじめてではない。今年7月、やはりフランスを代表するファッションブランドであるサン ローランCEOのポール・ドヌーヴ氏を新たなプロジェクトのために迎え入れている。ITとファッション。両者の共通点はともにラグジュアリーブランドとしての戦略強化にあると言えるだろう。ハイブランドの衣服を身に着けるひとびとが利用するガジェット、それがアップルの製品であるというライフスタイルのイメージ。

 アーレンツ氏が去ったあとのバーバリーのCEOには、同ブランドのデザインを担うチーフ・クリエイティブ・オフィサーのクリストファー・ベイリー氏が就任する。

 ファッション界では、ルイ・ヴィトンのアーティスティック・ディレクターとしてグローバル戦略を牽引してきたマーク・ジェイコブス氏が同ブランドを去ることを発表。自らのブランドでIPOを目指すのではないかとささやかれている。

【関連記事】
リストバンドで活動を記録する「NIKE+ FUELBAND SE」、11月に日本発売
コカ・コーラをおさえ、アップルが首位に【グローバル・ブランドランキングTOP100】
アップル、フラットデザイン採用「iOS 7」公開
テクノロジーは手段のひとつ デジタルを積極活用するバーバリーの狙い
グッチ公式オンラインショッピングをスタート、送料無料

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング