SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

デジタルガレージ/電通/cci/ADK、共同でデータサイエンス事業を開始

 デジタルガレージ(以下、DG)と電通、サイバー・コミュニケーションズ(以下、cci)、アサツー ディ・ケイは、企業のマーケティング活動の最適化を図るデータサイエンス事業を共同で開始した。

 本事業の開始に当たり、4社は2006年8月に合弁で設立したCGMマーケティング(以下、CGMM)の商号を「BI.Garage」に変更した。CGMMは、ブログやTwitterなどのソーシャルメディアを対象としたメディアレップ事業を中心に、消費者が発信する情報を生かした広告ビジネス事業を展開してきた。今後は新商号のもと、これまで蓄積した知見をもとにさらなる事業拡大を図る。

 「データは新しいマーケティングコンテクストを創造する」という理念のもと、DGが蓄積した決済データと、DGのグループ会社であるカカクコムの持つ購買行動データ、電通グループの保有する広告関連データを融合し、これを加工、分析することを通じて、企業のマーケティング活動における顧客コミュニケーションの最適化を図る。また、クライアント企業各社が持つ顧客データから新たな価値を創造していく。

【関連記事】
電通とデジタルガレージ、最先端科学をビジネス化する新会社「電通サイエンスジャム」設立
デジタルガレージとクレディセゾン、企業育成やビッグデータ事業の業務提携に基本合意
電通イーマーケティングワンとレスポンシス、戦略的販売パートナー契約締結
電通、広告業界のニュースサイト「ウェブ電通報」オープン
マクロミル、電通マーケティングインサイト株式51%取得で電通と合意

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2013/11/05 12:30 https://markezine.jp/article/detail/18781

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング