SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

プラスアルファ・コンサルティング「見える化エンジン」、過去すべてのツイートデータ分析が可能に

 プラスアルファ・コンサルティングは、NTTデータとTwitterデータ活用分野において戦略的提携を締結した。これにより、同社が開発・提供するクラウド型のテキストマイニング「見える化エンジン」において、2006年以降に投稿されたすべてのツイートデータの分析が可能になった。また米Twitter社からFirehoseAPIを受けて、NTTデータが提供する「Twitterデータ提供サービスAPI」の代理店販売を開始した。

 昨今、マーケティングや顧客対応部門では、ソーシャルメディア上の生活者の声の収集、分析のニーズが急速に高まっている。中でもリアルタイムに市場の反響を把握できるTwitterのマーケティング活用を検討する企業が増えている。このような背景もあり、今回の提携に至った。

 さらに、収集したTwitterデータは、「見える化エンジン」ツール上にて、「ユーザプロファイル推定機能」と組み合わせることができ、ユーザーごとに過去の投稿内容から推定した年齢、性別、居住地などのユーザー属性を使ったターゲティング分析や、エリア分析など、一歩踏み込んだソーシャルメディア分析が可能になる。

【関連記事】
プラスアルファ・コンサルティング、「アクティブサポート研究会」第2期を開催
インテージ、ドコモ、NTTデータがTwitterと購買行動についての共同研究
今年も開催!11月11日、「ポッキー」ツイートで世界記録更新なるか
高校生の67.2%がLINE、23.2%がTwitterを利用【Z会調査】
「Ponta」、ツイートするだけでポイントがたまるO2OサービスをTwitter社と開発

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2013/11/08 15:15 https://markezine.jp/article/detail/18803

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング