SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第101号(2024年5月号)
特集「進化するテレビマーケティング、現在の選択肢」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ファミリーマート、住民票の写しや戸籍証明書などを発行するサービス開始

 ファミリーマートは、住民基本台帳カードを利用して、店内に設置のマルチコピー機(MX-3610DS)から、住民票の写しや印鑑登録証明書などを発行する自治体証明書交付サービスを12月19日から開始する。利用可能となるのは、全国のファミリーマート店舗約1万店(沖縄県内の店舗は9月から先行開始)。

 住んでいる市区町村にかかわらず、近くのファミリーマート店舗で次の証明書を取得できる。住民票の写し、印鑑登録証明書、戸籍証明書、戸籍附票の写し、税証明書関連(所得証明書、納税証明書など。利用時間は6時30分~23時00分。ただし、年末年始(12月29日から1月3日まで)とメンテナンス時(不定期)を除く(市区町村によってご利用時間が異なる場合がある)。

 行政サービスを店舗で受けるためには、利用者自身で各市区町村で住基カードの取得申請を行う必要がある。また、すでに住基カードを持っている人も、各市区町村の窓口でコンビニで取得するための利用手続きが必要となる。

【関連記事】
ファミリーマート、 Yahoo!で検索するとクーポンがもらえるO2O施策
ローソン、スマホ・タブレットで簡単クレジット決済できる「Square リーダー」発売
「妊娠・出産・育児」に関する行政サービスの情報発信ツール「ママフレ」
凸版印刷、自治体向け「電子チラシ」サービス提供開始
マクドナルド、店舗で現金が取り出せない「売上金投入機」を全店導入、安全対策を強化

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2013/11/20 18:28 https://markezine.jp/article/detail/18854

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング