SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

今年チャレンジしたいこと1位は「部署間の複数データ統合」、保有データ、ほしいデータ、DMP導入意向は?【spiceboxデジタルマーケ担当者300名調査】

データ活用の満足度は「人材」が左右する

 企業は「マーケティングにおけるデータ活用」をどう捉え、今年どんな取り組みを検討しているのか。スパイスボックスは、マーケティング担当者の理解や今後の活用意向についてインターネット調査を行った。

 まず、データ活用状況ついてたずねたところ、「満足」「やや満足」など一定の満足を示すデジタルマーケティング担当者は合計52.8%に達した。

 満足度を左右する要因としては「データ分析できる人材がいる」が64.4%と最も多い。このほかにも、「マーケティング全体を統括する責任者(CMOなど)がいる」「データを基点としたマーケティング支援を行う、有効なパートナーがいる」「上層部がデータ活用に関しての有効性を理解している」など、社内外の人材、理解のある上司の存在がデータ活用の満足度の重要な要素となっている。

 続いてデータ活用に対する不満の理由をたずねると「人材不足」(64.4%)がトップになった。悩みが大きいからこそ、有能な人材を得たときの満足度も非常に高いようだ。次いで「データの集計・分析に留まり、課題抽出や施策策定に至っていない」「データ分析ができる人材の育成ができていない」「データを取得しているのみで活用できていない」といった回答が上位を占めた。

 人材不足への対応方法としては、「社内での人材育成」と「外部機関への委託」といった取組みが上位となる一方、「とくに何もしていない」も約3割に達している。「外部機関による人材育成」に現在取り組んでいると回答した企業は約1割、今後取り組みたいとする企業は約3割となっており、今後は、外部サービスを活用した人材育成が増えそうだ。

現在保有しているデータ、今年チャレンジしたいこと

 データ活用において2014年にチャレンジしたいことは、1位「部署間を連携したデータの統合」、2位「外部データの活用」、3位「自社の顧客データとソーシャルデータの統合」。では、企業は今どのようなデータを保有し、また取得したいと考えているのだろうか。

 現在保有しているデータとしては「WEBアクセスログデータ」「顧客や見込み客の個人属性データ」「オンライン上での購買データ」「コールセンターのログデータ」など、自社で取得できるファーストパーティデータが多い結果となった。今後保有したいと思っているデータ種類としては、「個人プロフィールや行動ログなどのソーシャルデータ」「書き込み、つぶやきなどのソーシャルテキストデータ」や、気象データなどのオープンデータへの関心が高く、サードパーティ(外部)データの活用意向が高いことがうかがえる。

 また、「広告出稿、レスポンスデータ」「CRMレスポンスデータ」といったマーケティング施策の効果検証を行うためのデータについても約3割が今後保有したいと回答している。

DMPの認知率は8割

 データ活用を行う際のプラットフォームとして注目されているのがDMP(データマネジメントプラットフォーム)。DMPの認知率は約8割と、デジタルマーケティング担当者の間ではかなり進んでいるが、その内容まで知っている人は全回答者の約3割に留まっている。

 DMPをすでに「導入済み」と答えた企業は9.1%。「導入に興味がある」と答えた企業は69.3%。「導入済み」「興味がある」と回答した人に導入の目的を聞いたところ、「顧客属性ごとのCRM最適化」が最も多く、次いで「サイトコンテンツの最適化」「既存顧客・潜在顧客へのリターゲティング広告の配信」と、サイトに訪れた既存顧客や見込み顧客を、優良顧客へと育成するためのCRM活用の意向が高いことが明らかになった。

【調査概要】
調査主体:株式会社スパイスボックス
調査テーマ:企業のマーケティング活動におけるデータ活用
対象者:企業のデジタルマーケティング業務担当者
有効回答数:309名
調査方法:インターネットリサーチ
実施機関:株式会社マクロミル
調査時期:2013年12月3日(火)~4日(水)

【関連記事】
朝日新聞社、未来メディアシンポジウム「オープンデータが社会を変える」開催
プライベートDMPから高品質なアドネットワークへの広告配信を可能に
SSPとDMPを融合した新世代広告配信プラットフォーム、medibaの新戦略発表
鍵を握るのは日本型データサイエンティストの登場・活躍か
ブレインパッドとヤフー、データサイエンティストによるコンサルティング事業の合弁会社

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/01/27 10:45 https://markezine.jp/article/detail/19181

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング