SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第77号(2022年5月号)
特集「デジタルで進化するテレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

世界で注目の学習動画「カーン・アカデミー」、クラウドファンディングで日本語翻訳資金募集

 JGマーケティングは、クラウドファンディングプラットフォーム「ShootingStar(シューティングスター)」にて、教育ウェブサイト「カーン・アカデミー(Khan Academy)」で配信されているビデオ教材を英語から日本語に翻訳するための資金募集を2014年1月22日より開始する。

 「カーン・アカデミー」は、2006年にサルマン・カーン氏によって設立。カーン氏が遠方に住むいとこに数学を教えるために自分で動画を作りYoutubeに投稿したことがはじまりで、その動画が反響を呼び、現在では5,000本以上のあらゆる動画教材が公開され、Youtubeでの再生回数は3億4,000万回を超える。Googleやビルゲイツ財団も運営NPO「カーン・アカデミー」に資金援助している。

 本プロジェクトは、世界中どこでも無料で視聴できる学習動画を制作・配信する教育ウェブサイト「カーン・アカデミー」の英語のビデオ教材を日本語に翻訳するためのもの。各国で提供されている学習コンテンツを、日本の学習者に届ける活動を行っているグローバルエデュケーションフォージャパンが、カーン・アカデミーのオフィシャルパートナーとして日本語翻訳の許可を得たことにより、本プロジェクトが立ち上げられた。

【関連記事】
NTTドコモ、東大と大規模公開オンライン講座活用反転学習に関する共同研究開始
アルク、LINE公式アカウント「LINE毎日英会話」に英会話学習用コンテンツ提供へ
スクー、サイバーエージェントとインターネット学習コンテンツ共同生成へ
クイズでアドテク知識を深めよう、マイクロアドの学習サービス「アドテク・ラーニング」
スクー、スマホで生放送授業が閲覧できる『スクー生放送』アプリ公開

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/01/23 11:15 https://markezine.jp/article/detail/19190

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング