SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

サイバーエージェント、オウルデータを連結子会社化~社名「RightSegment」へ変更

 サイバーエージェントは、2月17日付けでオウルデータの発行済み株式を取得し、連結子会社化するとともに、同社の商号変更および役員異動を実施した。

 近年、インターネット広告において、広告効果の最大化やメディアの収益最大化という観点から、アドテクノロジーの重要度が高まっている。中でもマルチデバイスマーケティングにおいては、企業のサイトに訪れたユーザーのデータや、広告配信のデータを管理・分析し、リアルタイムにユーザーを判断し、施策の最適化を行うことは必要不可欠なものとなっている。

 サイバーエージェントは、2013年10月に「AMoAd」や「CAリワード」「CAMP」といった同社のアドテクノロジー分野における各サービスの開発を行うエンジニアの横断組織アドテクスタジオを設立し、アドテクノロジー商品の開発強化を行っている。

 その一方、オウルデータ社は、多くのDSPや、アドネットワークなどと接続が可能なDMPを提供している。このたびの連結子会社化に伴い、社名を「RightSegment(ライトセグメント)」と変更し、企業の広告効果の最大化やメディアの収益最大化が可能なマルチデバイス対応のプライベートDMP「RightSegment」として、サービスの提供を行っていく。

【関連記事】
DAC、インドで展開するアドテク企業ZEDOへ出資、グローバルなRTB在庫の獲得が可能に
サイバーエージェント、アドテク本部設立へ
「2013年 日本の広告費」、総広告費は2年連続増加~運用型広告は引き続き急成長
今年チャレンジしたいこと1位は「部署間の複数データ統合」、DMP導入意向は?
ブレインパッドら、プライベートDMPから高品質なアドネットワークへの広告配信を可能に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/02/24 12:45 https://markezine.jp/article/detail/19341

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング