SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZine Day 2014 Spring

「データと向き合うと、不都合な真実ばかり出てくる」マーケターは今こそ固定概念を捨て、真摯に数字と向き合え!

 3月6日(木)に開催したMarkeZine Day 2014 SpringのAトラックの基調講演において、ニューバランスジャパンの鈴木健氏、花王の本間充氏を迎え、mediba 兼 スケールアウトの菅原健一氏を進行役に「データマーケティング最前線」と題したパネルディスカッションが行われた。「勝手な期待や固定概念を捨てて、どれだけ真摯に数字と向き合えるかが重要な分岐点」(本間氏)と、データを味方につけるために必要な考え方が語られた。

戦略的にデータを取得する目的を考える

  「デジタルシフトする消費者に追いつけ!」と冠された今回のMarkeZine Day。この2月に書籍『ザ・アドテクノロジー データマーケティングの基礎からアトリビューションの概念まで』(翔泳社)を上梓したmediba 兼 スケールアウトの菅原健一氏は、日進月歩で変わりゆくデジタル環境に触れ、「まずは現在のデータマーケティングの定義から考えてみたい」と切り出した。

mediba 兼 スケールアウトの菅原健一氏、ニューバランスジャパンの鈴木健氏、
花王の本間充氏を迎えた豪華セッションは満員御礼でした!

 以前は、メールマーケティングやLPO、サーチやディスプレイ広告などから得られたユーザーのデータをそれぞれ専用のデータベースに蓄積し、施策ごとの最適化が試みられてきた。それがDMPの登場によって、企業が持つ複数のデータベースを統合し、いわゆる“横串”を通して最適なアプローチを導き出すことが可能になった。

 「あらゆるデータを統合できるからこそ、これからは『何のデータを何のために取得するのか』を戦略的に考えていく必要があります。その戦略を元にチャネル横断的に顧客へアプローチするのが、今日のデータマーケティングです」(菅原氏)

 一方、現状をオーディエンスの視点で捉えると、人によってどのチャネルで、どのタイミングで接触するのかは異なっている。そのため、小集団に対してチャネルやクリエイティブの最適解を提供することが求められる。「これがまさに、データサイエンティストやマーケターの仕事になる」と菅原氏。

フラグメンテーションの課題

 購入なのか、LTVの引き上げなのか。自社や自分が扱うブランドのコンバージョンが何かを明確に見据えることも必要だ。一方、データマーケティングには課題もある。そのひとつが「Fragmentation(フラグメンテーション)」だ。視聴メディアの分散化、表示デバイスの分散化、ユーザーの好みの多様化など、今あらゆるものが分断している。

 「その場合のデータマーケティングがどうなるのか、また対するマスマーケティングはどうなのか。少し前とはまた考え方を転換させないといけないと思いますが、以前との違いをどう見ていますか?」という菅原氏の問いかけに、ニューバランスジャパンの鈴木健氏は「確かに以前と比べて、マーケターもデータに直接触れて戦略を立てていく必要性に迫られています」と応じる。

 広告会社を経て事業者サイドへと転向した鈴木氏は、自身がニューバランス製品を扱う中で感じた3つの変化を、次のようなキーワードで提示した。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
マーケターは自社のブランドが嫌われるとは思っていない

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZine Day 2014 Spring連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

高島 知子(タカシマ トモコ)

 フリー編集者・ライター。主にビジネス系で活動(仕事をWEBにまとめています、詳細はこちらから)。関心領域は企業のコミュニケーション活動、個人の働き方など。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/03/20 17:00 https://markezine.jp/article/detail/19433

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング