SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第76号(2022年4月号)
特集「リテール最新動向」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

セキュリティ・ソフトウェア市場、2007 年出荷額見込み前年度比109.8%

 セキュリティ・ソフトウェアが広く浸透しているようだ。矢野経済研究所は、情報セキュリティ製品に関する調査を行い10月17日に発表した。

 調査の結果、「コンテンツセキュリティ」ソフトウェア市場の2006 年度出荷額実績は722 億8000 万円で、2005 年度に比べ111.8%であった。2007 年度出荷額見込みは、793 億3000 万円で前年度比109.8%となる見込みだ。

 2009 年度の出荷金額は957 億6000 万円と予測。2005 年頃から、ボットネットの感染拡大によるスパムメールの増加や、スパイウェア、フィッシング詐欺の被害拡大が明らかになったことにより、コンシューマーユーザーにおいて、セキュリティに対する意識は急速に高まり、E メールやWeb アクセスを安全に利用したいというニーズが高まった。一般企業においても、外部からの社内ネットワークへの攻撃に対する防御だけでなく、内部からの情報漏洩を防ぐ必要性が高まっている。

 上記を背景に、2005 年度から2006 年度にかけて「コンテンツセキュリティ」ソフトウェア製品は好調であった。とくにクライアント向け製品が広く行き渡ったが、今後はライセンス更新による売上に限定されるため、2007 年度以降は、市場成長率はやや下がると予測される。

プレスリリース:セキュリティ・ソフトウェアが広く浸透~情報セキュリティ製品に関する調査

 

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

小野 健志(編集部)(オノ タケシ)

MarkeZine編集部。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2007/10/24 17:42 https://markezine.jp/article/detail/1950

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング