SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

バリューコマース、韓国最大級シェアを誇るソーシャルギフトサービス「giftishow」運営会社と業務提携へ

 バリューコマースは、韓国kt mhows Co., Ltd(以下、kt mhows社)と、日本国内でのソーシャルギフトサービスの共同事業についての業務提携に向けた基本合意書を締結した。

 kt mhows社は2004年に設立された、韓国を代表する移動通信グループKT Corporationの子会社。韓国国内おいて広告ビジネスを展開。加えて、韓国最大級シェアを誇るソーシャルギフトサービス「giftishow」を運営している。

 ソーシャルギフトサービスとは、PCやスマートフォンでギフトを購入し、SNSやメールを利用して贈り物ができるサービス。ウェブショップで商品を購入し、贈る相手をSNSやSMSで指定することや、相手にメールを送信することにより、相手に贈り物の通知メッセージが届く。相手は受け取り画面にアクセスし、実店舗で画面を見せたり、配送先の住所を入力することで、商品を受け取ることができる。双方に住所確認のやり取りを省くメリットがあり、オンラインでギフトカードを送り、受け取る側は実店舗で商品と引き換えるO2Oマーケティングの一環としても展開されている。

【関連記事】
ソーシャルギフトを一番活用しているのは30代男性
アライドアーキテクツ、ソーシャルギフト型Facebookキャンペーン構築支援サービス開始
DAC、FacebookクーポンとO2O「プチギフト」を活用した広告商品を販売
EC&動画サイトはスマホへシフト、20代・30代ではスマホからのネット利用がPCを上回る
スマホ向けECサービス『Antenna ショッピング』スタート

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/04/15 11:30 https://markezine.jp/article/detail/19709

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング