SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Google+、ユーザー数はTwitterと互角、ユーザーからの反応数は2倍

 Googleが2011年6月から提供しているSNS「Google+(グーグルプラス)」。FacebookやTwitter等のメジャーなSNSと比べると、日本におけるプレゼンスは低い。ネットリサーチ「Fastask」を運営するジャストシステムが発表した「モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2014年2月度)」によれば、Google+を「現在利用している」と答えた人の割合は17.4%。Facebook(37.3%)やTwitter(34.2%)の利用率と比べると、約半数に過ぎない。

 けれど、質の面ではGoogle+は優れたSNSだとの指摘を調査会社の米Forrester Researchが2014年3月に発表した。同社は2014年2月、大手企業50社が7つのSNS上で作成したブランドページを調査。Google+に設けたブランドページは、Twitterに設けたアカウントが集めたフォロワー数の90%を集めていたという。その上、ファン/フォロワーからの反応率を測るエンゲージメント率で見ると、Google+が、Twitterの約2倍になった。

 さらにアメリカでのデータになるが、Google+とTwitterはユーザー数でもほぼ同じ。ネット接続環境のある米成人の22%が少なくとも月1回はサイトを訪れるという点も同じ(Facebookは72%)だとForrester Researchは指摘している。

 このような状況を踏まえ、「Google+のメリットを考えたら、3分の1以上の有名ブランドがGoogle+を利用していないのは驚きだ」と同社バイスプレジデントのNate Elliot氏はコメントしている

【関連記事】
聴き放題の定額制音楽配信サービス「Google Play Music All Access」発表、Google+が進化したPinterestっぽいUIに
Wantedlyが、Twitter、Google+、Hatena、GitHub、LinkedInとアカウント連携
グーグル、Google+を企業SNSに進化させる「Google+ Premium」機能をローンチ
これから運用したいソーシャル1位は「Google+」、でも「わからない」が最多に【企業のソーシャルメディア活用動向調査】
セプテーニ・クロスゲート、スマホ着信課金型で「Google+ローカル」の運用最適化サービスを開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/04/15 16:45 https://markezine.jp/article/detail/19724

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング