SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

アライドアーキテクツ、シンガポールに子会社を設立~アジア地域に向けた事業展開を推進

 アライドアーキテクツは、初の海外拠点として、シンガポールに子会社「Allied Asia Pacific Pte,LTD.」(アライドアジアパシフィック/以下、Allied Asia)を設立した。

 Allied Asiaは、同社の東南アジア・東アジアにおけるソーシャルメディアマーケティング支援事業の統括拠点となる。同社が現在ベトナム、台湾において展開するFacebookマーケティング支援プラットフォーム「モニプラ for Facebook」のマネジメントならびにアジア地域におけるさらなるサービス拡大を主な事業内容として推進していく。

 2012年から2013年にかけて、アジア地域におけるFacebookの月間アクティブユーザー数およびユーザー一人あたりの平均月間売上高は順調に成長しており、Facebookのマーケティング活用に対する企業ニーズは急速に高まりつつある。

 数多くの日本企業がアジア地域におけるグローバルブランドの事業拠点を置くシンガポールに「Allied Asia」を設立することで、アジア地域に向けた事業展開をより円滑に進めるとともに、サービス提供の効率化を目指す。

【関連記事】
アライドアーキテクツ、グロースハックツール提供のAppSocially社と資本・業務提携
アライド、マルチデバイス視聴とSNS拡散に最適化した動画マーケティング支援パッケージ
アライドアーキテクツ、メタデータと資本・業務提携~ビッグデータ市場での事業進化が目的
アジア太平洋地域に割り当てられるFacebook広告費は北米地域の5分の1
仕事でのLINE利用者は4割超、Facebookは約3割に【MMD研究所調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/04/22 11:30 https://markezine.jp/article/detail/19793

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング