SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Servision、「業界最大級」の50GB共有サーバの提供を発表

 Servision株式会社は9月12日、共用サーバーサービスを2006年9月25日よりリニューアルすると発表した。月額費用を変えず、ディスク容量が最大で50GBの共用サーバーを提供するとしている。

 従来の共用サーバーサービスは、MB単位のディスク容量しかなく、大容量のディスクスペースを確保するには、オプションで容量を増やすか、高額な専用サーバーを借りるといった選択しかなかった。だが同社は昨年の5月に、いち早くGBのディスク容量を備えた共用サーバーサービス(月額3,990円~)を開始。月額費用をそのままに、ディスク容量を従来の4倍(10~50GB)に増加して、レンタルサーバー業界の大容量化を進めている。

 同社ではレンタルサーバの大容量化が求められる要因として、ブロードバンド環境の普及によるコンテンツの肥大化や、ビデオや音楽の配信普及を挙げている。またネットショップにおける商品写真の重要度が増し、高解像度の商品写真が多数掲載されていることも一因としている。さらに同社ではサーバー機本体の価格低下を挙げている。仕入れコストの削減をサービスへ変換した結果、今回のサービス提供が可能となったとのこと。

ニュース元:News2u:「業界最大級」50GBの共用サーバーが誕生

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2006/09/13 02:21 https://markezine.jp/article/detail/198

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング