SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

freee、クラウド給与計算ソフト「freee」ベータ版を無償公開

 ベータ版として19日にリリースされたクラウド給与計算ソフト「freee(フリー)」では、従業員のアカウントを作成し、従業員自身が勤怠情報を入力すると、給与額の計算から、給与明細の発行と配布、社会保険や年金などの支払に関する書類などを 1 クリックで作成できる。

 freeeでは、入力された給与情報をもとに税金・社会保険料を自動計算し、給与明細を作成できる。法改正による税率・保険料率の変更にも対応。計算された給与や税金・保険料は「クラウド会計ソフト freee」に取引として反映されるため、給与計算の結果を会計データとして転記する手間を省略できる。

 従業員による基礎情報や勤怠の入力、給与明細のオンライン確認、源泉徴収票などの提出書類の自動生成といった機能もこれから追加される。

 今回のベータ版は、無料で全機能が利用可能。今年後半にリリース予定の正式版では、従業員3人分まで給与計算が可能な基本プランが月額1980円、その後従業員1人追加ごとに月額300円となる。

【関連記事】
無料POSレジアプリ「Airレジ」、全自動クラウド会計ソフト「freee」と連携
クラウド会計ソフト「freee」、パッケージ版をAmazonで販売
クラウド型家計簿サービス「Zaim」、iOS版にレシート自動読取り機能搭載
飲食店向けクレジットカード決済サービス「食べログPay」提供開始
クラウド型会計ソフト「freee」のCFO、インフィニティ・ベンチャーズらから2.7億円調達

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/05/19 12:00 https://markezine.jp/article/detail/20007

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング