SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ミドル・シニア世代の趣味、費やす時間と金額は女性が増加傾向も、男性の方が使う金額は多い【SBIアラプロモ調べ】

 健康食品や、化粧品の製造・販売を行っているSBIアラプロモが、40代以上を対象に、趣味に関する調査を実施。その結果、インターネット利用の定着化が見られた。また、女性は男性と比べ、20~30代の頃より時間的にも金銭的にも積極的に取組んでいる傾向にあるものの、趣味にかける金額では、男性のほうが多い傾向があった。

 現在の趣味を尋ねたところ、「旅行」が37%と一番多く、次いで「映画鑑賞(31%)」、「読書(全体31%)」となった。あわせて「20~30代の頃の趣味は何でしたか?」という質問も行っており、2つの回答を比較すると、「ウォーキング」「園芸」を趣味とする人が、4~5倍に増えていることがわかった。

 さらに、「趣味を始めた理由と期待通りの効果が得られている」人の割合を集計したところ、期待通りの効果を得られている人は少ない結果が出た。しかし、始めた動機とは異なった部分で、効果があると感じている人は相当数いることがわかった。なお、趣味を始めた理由については、「なんとなく」が38%と一番多く、友人や家族にすすめられた人と、インターネットで知った人の割合は同程度となっている。

 また、「インターネットで内容を知ってから(14%)」という回答は、新聞(3%)やチラシ(4%)と比べても、2倍程度の割合となった。ここから、ミドル・シニア世代に、情報ソースとしてのインターネット利用が、着実に浸透していることが推察される。

 加えて、趣味に費やせる時間について訪ねたところ、平日に費やせる時間が、20~30代の頃と比べて、男性は若干の増加傾向、女性は増加傾向という結果になった。休日については、男性は減少傾向、女性は増加傾向となっている。また、趣味にかけられる費用はも時間と同様に、男性は減少傾向、女性は増加傾向という結果になりました。しかし、かけられる費用という点では、男性のほうが、趣味により費用をかけているという結果が出ている。

 【調査概要】
 実施日:5月21日~5月22日
 方法:インターネットリサーチ
 対象:日本全国の40代以上の男女
 有効回答数:525名(男性263名、女性262名)
 実施機関:株式会社ジャストシステム

【関連記事】
NTTぷらら等、「シニア向けスマートTV」サービストライアル開始
クラウドワークス、テレ東と業務提携~シニア向けクラウドソーシングサービス共同事業開始
クックパッド「健康レシピ」、シニア向けレシピ提供開始へ
アマゾン、「こだわる男の趣味ストア」オープン~バイヤー厳選商品をコメント付きで紹介
ぐるなび、「趣味なび」とオンライン予約サービス連携へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング