SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

GMOアドパートナーズ「Twitter Ads API」を利用した広告運用ツール 「GMO MARKETING SUITE for Social Media」提供開始

 6月26日、GMOアドパートナーズとGMO NIKKOは、Twitterの広告API「Twitter Ads API」を利用した、Twitterプロモ商品運用ツール「GMO MARKETING SUITE for Social Media」の提供を開始した。Twitterプロモ商品とは、Twitterアカウントのフォロワー数増加を目的とした「プロモアカウント」、検索結果やユーザーのタイムラインに広告主のツイートを掲載する「プロモツイート」などの総称。両社は今回提供するツールを通してTwitterプロモ商品の運用を支援してゆく。

 「GMO MARKETING SUITE for Social Media」は、「ダッシュボード」「キャンペーン設定・編集」「広告入札」「レポーティング」の4機能を備えている。同ツールを利用することで、各設定作業を効率的に行えるだけでなく、広告主・キャンペーンごとの広告効果や広告配信データをシームレスに集計・閲覧可能。そのため、広告運用者はデータ分析や広告効果の改善施策立案・実行に集中できるようになる。

 まずはGMOアドパートナーズとGMO NIKKOが販売するTwitterプロモ商品での利用を開始し、年内を目処に、広告代理店などでの利用にも対応する予定。

【関連記事】
TMH、エンターテインメント業界向けテレビ連動型Twitter広告プラン「Boost Tweet」リリース
ホットリンク、炎上検知サービス「e-miningアラート目視サービス」リリース
Twitter、特定の人を非表示にできる「ミュート機能」を追加
ヤフー「Twitterプロモ商品」リセラーに、「Yahoo! プロモーション広告」に入稿・管理機能追加
日本でもテストスタート!Twitterの「テレビ会話ターゲティング」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング