SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第77号(2022年5月号)
特集「デジタルで進化するテレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

プロフ利用者は、男女ともに10代が最大 ―MMD研究所調査

 MMD研究所は、主に携帯で人気を博している、自分の簡単なプロフィールを登録・共有するプロフィールサイト、通称「プロフ」の利用動向に関する調査結果を発表した。調査は、計16社、モバイル17サイト協力のもと、8,674人から有効回答を得ている。

 プロフィールサイトを「知っている」と答えた人は全体の55.8%。知っている人の割合は男女ともに10代が最も高く、10代男性が54.7%なのに対して、10代女性では75.9%と圧倒的。しかし、プロフィールサイトを「利用している」と答えた人は全体の38.5%で、認知率が最も高い10代女性の利用率も47.2%にとどまっている。

 プロフィールサイトを知ったきっかけは、「携帯サイト」が最も多く、続いて「友人」、「インターネット」と続く。利用目的として最も多いのは「暇つぶし」で全体の半数以上、「自分を知って欲しい」が2番目。「ブログ・HPのアクセスアップ」という実用的な目的も3割を超えている。プロフィールサイトにどこまで記載するかについては、「趣味」93.2%、「生年月日」79.2%、「身体特徴」44.8%がトップ3。そのほか、氏名、顔写真、恋愛関係、交友関係、出身校、住所、メールアドレス、電話番号が続く。 また、自分のプロフィールを登録しているサイトの数は、「1サイト」62.8%、「2サイト」24.3%、「3サイト」9.2%となっており、10代女性ユーザーの4分の1は2サイトに登録している。

 ユーザーがプロフィールサイト以外に利用している携帯向けサイトとしては、「ホームページ作成サービス」75.5%、「ブログ」66.4%、「着うた」58.8%がトップ3を占め、特に「ホームページ作成サービス」の利用は、10代女性で84.4%に達しており、10代女性の情報発信意欲が高いことがここでもうかがえる。

「プロフィールサイトに関する利用動向調査」

MMD研究所(モバイルマーケティングデータ研究所)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2007/11/01 13:06 https://markezine.jp/article/detail/2044

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング