SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ディズニー初のスタートアップ支援プログラムに選ばれた11社とは?

 7日に発表された、ディズニーのスタートアップ支援プログラム"Disney Accelerator"は、スタートアップアクセラレーターとして知られるTechstarsと組んで、15週間にわたって行われる。選ばれた11社には、ディズニーの経営陣らが直接指導を行なうほか、最高12万ドルの投資も行われる。

 メンターとして参加するのは、ディズニー会長兼CEOのロバート・アイガー氏をはじめ、Pixar、Marvel、Lucasfilm、ABC、ESPNのほか、エンタテイメント業界のリーダーや投資家、Techstarsのテクノロジーメンター。彼らとともに事業計画、製品のローンチ、マーケティングキャンペーン、長期戦略を考え、10月に行われるDemo Dayでその成果を発表する。

 選ばれたスタートアップ11社は以下のとおり。子ども向けのエンタテイメントや学習サービス、ロボットが中心だが、コンテンツマーケティングやキュレーションサービスも入っていて、とても楽しい顔ぶれとなっている。

・Buzzstarter(プログラマティックなコンテンツマーケティングプラットフォーム)
・ChoreMonster(子どもが楽しみながらお手伝いができるサービス)
・Codarica(子ども向けプログラミング学習サービス)
・Cogo(コンテンツクリエイター向け動画マネタイズサービス)
・Jogg(ソーシャルビデオエディター)
・Sphero(スマートデバイスで遊べるロボット)
・Sidelines(コミュニティでの議論やコメントをキュレーションするサービス)
・SnowShoe(印鑑のようにタッチスクリーンに押せるスタンプ)
・Twigtale(子どものためにパーソナライズされた本をつくるサービス)
・TYFFON(人物写真をゾンビのように加工する人気アプリ)
・Ubooly(子ども向けのぬいぐるみのようなお話ロボット)

【関連記事】
ヤフー、米国現地法人「YJ America」設立、米国スタートアップを支援
IBM、1億ドルを投資し、戦略・データ・デザイン融合のコンサルティングを展開
カナダ・オンタリオ州、最先端の研究開発事業に約2億カナダドルを投資
福岡市「スタートアップ奨学金」を創設、地元で創業・就職すると返還免除
WOWOW、EC事業の新アイデアをスタートアップから募集

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング