SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第70号(2021年10月号)
特集「データ活用の新常識」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Hulu、Netflixに続いてAmazonもドラマ制作に本腰、フィリップ・K・ディックの小説『高い城の男』をドラマ化

 映画やドラマの配信サービスを提供しているHuluは2011年、有名人の1日を追うオリジナルのドキュメンタリー番組「A Day in the Life」を発表。翌2012年には、政治キャンペーンの世界を描いたオリジナルのドラマシリーズ「Battleground」を公開した。

 ビデオレンタルサービスからネット配信サービスへと移行したNetflixは、人気俳優ケヴィン・スペイシーが出演したドラマシリーズ「House of Cards」で、2013年、テレビ界の権威ある「エミー賞」を受賞。一度もテレビで放映されない番組が受賞したのは初めてで、動画ストリーミングサービス事業者の快挙と話題になった。Netflixは番組制作に、同社サービスを利用する膨大なユーザーデータを活用していることでも知られている。

 そして、ハリウッドの情報サイトDeadline.comが7月24日、Amazonのオリジナル番組制作のニュースを伝えた。Amazonは、1962年のフィリップ・K・ディックの小説『高い城の男』をベースにしたドラマのパイロット版を準備しているという。日本とドイツが米国を占領するという設定で進行するこの物語は、「Xファイル」の脚本家、「Heros」の監督らが手掛けるのではないかと噂されている。

 Amazonはオリジナル番組制作のための「Amazon Studios」というサイトを立ち上げ、クリエイターが番組企画や脚本を提案し、制作したパイロット版をユーザーに公開し、その反応をもとに制作を決める仕組みを運営。今回の企画もそのサイトに追加される予定だ。 

【関連記事】
Netflix、会員数が5000万人突破、オリジナル番組にも注力
Huluオリジナルコンテンツが日本初上陸
フジテレビx「Yahoo!テレビ」、ドラマ放送開始前にオンライン試写を実施
テレビドラマを録画してみる人は7割超
Amazon、テレビで映画・ドラマのネット配信が利用できる「Fire TV」発売

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/07/25 12:00 https://markezine.jp/article/detail/20578

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング