SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第70号(2021年10月号)
特集「データ活用の新常識」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

宣伝費ゼロで合計300万DL突破アプリの施策裏話

アイコンデザイン命、スクショでもうひと押し、アプリ名の選定…宣伝費ゼロで合計300万DL突破アプリのASO

 本連載ではiPhone向け写真加工アプリ「My Heart Camera」「Pico Sweet」を提供するアンジーが、宣伝費をかけずに333万以上のダウンロードを獲得するまでの道を紹介します。今回はアプリストア最適化について紹介します。

いったいどんな人に向けたアプリなのか?

 前回の記事では、「ひと言で他人に伝えられるコンセプト」「バズを誘引するユニークな機能」「競合との差別化になるデザイン」について説明しました。今回は、App Storeに掲載される情報の最適化、いわゆるアプリストア最適化(ASO/App Store Optimization)についてお話します。

 iPhoneアプリの場合、ユーザーがアプリをダウンロードするのは、Appleさんが提供するiTunesのApp Storeです。ここがアプリベンダーとユーザーとの、もっとも重要な接点となります。ユーザーはどのような行動によって、App Storeに訪れ、ダウンロードし、利用するのでしょうか? 

 読者の皆様でしたら、データを元につくられた架空のユーザー像“ペルソナ”に基づいたマーケティング手法「ペルソナマーケティング」をご存知でしょう。

 「My Heart Camera」と「Pico Sweet」の場合、弊社のエンジニア、川野辺くんに開発を任せているわけですが、彼は、女性向けのアプリをつくるにあたって、愛する奥さまの意見を参考にしていることを前回もお話しました。

 そこで、私たちは、データからではなく、川野辺くんの奥さまをベースに次のような “ペルソナ”を設定してみました。

「My Heart Camera」と「Pico Sweet」のペルソナ
  • 女子大学生/未婚/20歳/千葉県で両親と同居(近所に姉・兄)/自由に使えるお金は月6万円程度。
  • 都内にある大学に通う3年生。親と同居している。兄姉はすでに結婚し、家を出ているが近所で暮らしている。
  • 8時に起床、10:40くらいから大学の講義を週5日。週3で夕方からコンビニでアルバイト。
  • ファッションやかわいいものが好きで、休日は渋谷や新宿に買い物。晴天時はガーデニングをするのが趣味。
  • 旅行やアウトドアなレジャーも好きで友達と海・山・温泉などによく行く。スマホでお気に入りのモデルのアメブロを見てテンションを高めるのが主な暇つぶし。
  • 友達同士でよく写真を撮る。プリクラも大好き。
  • LINEで親密な友人とグループで写真を送り合ったり、FacebookとTwitterでは希薄な友達向けに写真を投稿。Instagramも好きだがほぼモデルを見る専用。写真が溜まりすぎてiPhoneのストレージがいっぱい。
  • 個人用のPCは勉強のときに使うだけで、個人的なネットサーフィンはほとんどスマホ中心。

 年齢や家族構成は違っていますが、リアルな存在により具体的なユーザー像が見えてきました。

 話が前後してしまいましたが、前回お伝えしたアプリのコンセプトやビジュアルデザインについても、このユーザー像を基準に考え、本人(奥さま)の反応や本音をうかがいながら、作っているのです。

ストアに掲示するアプリ名は、人間と機械のハイブリッド対策を

 さて、ユーザー像が明確になったところで、そのユーザーの方が気に入って、ダウンロードしてもらえるよう、App Store最適化を施していきます。まずは、ストアにたどり着く前の段階、アプリ名の話をしましょう。

 ストアに掲載するアプリ名は、固有の名前を検索される場合のアプリ名と、ユーザーが検索しそうなキーワードをちりばめた説明文で構成するとよい効果が得られるといわれています。

 「My Heart Camera」と「Pico Sweet」の場合は、それぞれ次のようなアプリ名で登録しました。

My Heart Camera ~ ハートカメラの大人かわいいハートの無料スタンプでもっとオシャレにデコ&写真加工&コラージュ ~

かわいい写真加工! Pico Sweet (ピコ・スイート)のワンタッチ・デコでお洒落に 画像コラージュ編集

アプリ名は、人間がストアの検索結果などで見る事を考えた冒頭部分の2行と、
検索の仕組みに対応したキーワード群に着目
アプリ名は、人間がストアの検索結果などで見る事を考えた冒頭部分の2行と、検索の仕組みに対応したキーワード群に着目

 ごらんのとおりちょっと読みにくいかもしれませんが、全体的には「写真加工」「画像」「かわいい」「お洒落」「デコ」「無料」など、検索されそうなキーワードがちりばめられているのがわかります。

 実際、この分野では人気のキーワードです。対象となるユーザーは、「かわいいカメラアプリないかな」みたいな感じで探していることを想定しています。

 また、アプリ名の冒頭の部分をクローズアップすると、「My Heart Camera ~ ハートカメラ」「かわいい写真加工! Pico Sweet ピコ・」のようになっています。

 検索結果や、App Storeのランキングに表示されたときに、アプリ名の全文は省略されてしまうため、省略されたとしても、表示される冒頭の部分でアプリの固有名称をハッキリ伝えられるよう配慮しているのです。

 これはたとえば、ユーザーが知人から「ハートのやつだよ」とか「Picoなんとかだよ」など、アプリ名を聞いて検索するときや、逆にユーザーが知人に教えたりするときの伝えやすさを配慮しているからです。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
アイコンのデザインに命をかけろ!

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
宣伝費ゼロで合計300万DL突破アプリの施策裏話連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

森 英信(モリ ヒデノブ)

 スマートフォンアプリや雑誌・書籍などの企画制作事業を手がける有限会社アンジーの代表。出版社勤務を経て、1999年より大手出版社の携帯キャリア公式サイトを多数制作。2005年に有限会社アンジーを設立。出版企画およびWeb制作事業を展開。2011年からスマホアプリ開発事業を開始し、2013年に同社がリリースし...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/08/13 08:00 https://markezine.jp/article/detail/20591

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング