SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

LINE事業売上額は182億円(2014年4-6月期)~スタンプやゲームの現地化促進で海外売上も伸長か

 LINE株式会社は、7月31日、2014年4-6月期の業績を開示した。2014年4-6月期(2Q)の同社の売上額(LINE PLUS・LINE Business Partners・データホテル等の子会社を含めた連結業績)は前四半期比17.5%増の212億円となった。そのうち、基幹事業であるLINE事業の売上額は182億円(前四半期比25%増、前年同期比146%増)を占めた。

スタンプ

 スタンプ事業においては、4月より提供を開始した、ユーザーが制作するスタンプを販売・購入できるプラットフォーム「LINE Creators Market」が急速に拡大。またLINEの世界展開においても、スタンプの現地化が加速している。一方で有料スタンプも、月間の最高販売額を更新しており、特に6月より提供を開始したアニメーションスタンプがスタンプ全体の売上を牽引している。

ゲーム

 ゲーム事業においては、7月より欧米および東アジア市場に提供を拡大した「LINE:ディズニー ツムツム」が好調だ。加えて日本、タイ、台湾などのアジア諸国で「LINE クッキーラン」「LINE レンジャー」のTVCMやオフラインイベントのゲームプロモーションを展開し、利用者および売上の増加につながった。

 また、タイでは、その国の文化や市場環境に特化して対応したゲーム「LINE I am Wukung」を提供するなど、現地化を推進している。各国市場への現地化を通して、海外での利用および売上を更に加速させていく方針。

広告

 広告事業においては、公式アカウント・スポンサードスタンプを導入する企業が世界各国で増え、引き続き成長を続けている。2月に発表した「LINE ビジネスコネクト」の導入企業も徐々に増加している。今後はセールスフォース・ドットコムとのパートナーシップを通して、企業の開発負担を軽減することで、より多くの企業による「LINEビジネスコネクト」の活用を促進していく。

【関連記事】
高校生が最もよく使うサービスはLINE、中学生はYouTube
「LINE マンガ」、リリースから1年3か月で累計ダウンロード数700万件突破
会話で楽しくバイト探し!リクルート、LINEビジネスコネクトを活用した公式アカウント公開
Twitterの利用目的は「趣味の情報収集」/LINEユーザーの6割が毎日利用【オプト調べ】
検索は不要!H.I.S.がLINEトークを使った「海外ツアー紹介」「店舗検索」サービス開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/07/31 13:15 https://markezine.jp/article/detail/20624

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング