SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第97号(2024年1月号)
特集「2024年の消費者インサイト」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

セールスフォース、「Successforce LIVE 2007」で未来のマーケティングを紹介

 『A New Force for Innovation-SaaSの「今」がわかる、そして「未来」のすべてがわかる』をテーマにした講演、セッション、展示・デモなど、数々のプログラムはどれも大盛況。同社およびそのサービスへの注目の高さが伺われた。 

  「ワールド・ビジネス・サテライト」でも活躍するロバート・アラン・フェルドマン氏による基調講演、セールスフォース・ドットコム共同創業者兼テクノロジー統括責任者のパーカー・ハリス氏による特別講演からなる午前中のプログラムの後、午後のセッションは「営業、マーケティング、カスタマーサービストラック」「IT&ディベロッパートラック」「Successワークショップトラック」「パートナートラック」の4つのトラックに分けて開催。

 MarkeZine読者諸氏に関連の深い「営業、マーケティング、カスタマーサービストラック」では、次のようなセッションが行われた。

●営業支援
『Salesforce徹底活用による営業組織力強化  ~すぐに実践できる売上利益向上のノウハウ~ 』(株式会社セールスフォース・ドットコム コーポレートセールス本部 ディレクター 中村 幸寛 氏)
『Salesforceからはじまった商談Goodサイクル』(株式会社ツルガ 代表取締役社長 敦賀 伸吾 氏)
『SaaSが適合する業務システムとは ~なぜ新日鉄ソリューションズはSalesforceを採用したのか~』(新日鉄ソリューションズ株式会社 ITインフラソリューション事業本部 ITサービス事業部 プロフェッショナルサービス部 SFA事業推進室 室長 五味 隆 氏)

●マーケティング支援
『Salesforce for Google AdWords ~連携がもたらすマーケティング効果~』(グーグル株式会社 執行役員営業本部長 佐藤 康夫 氏/株式会社セールスフォース・ドットコム セールスエンジニアリング本部 シニア ディレクター VLO プログラム 内田 仁史氏)
『キャンペーンのROIが計算できるって知っていますか?』(株式会社セールスフォース・ドットコム アライアンス事業本部 パートナービジネスディベロップメント シニアマネジャー 谷 彩子氏)
『Salesforce Marketing活用の実際 ~見込客獲得から顧客CS向上まで~』(株式会社ネクスウェイ マーケティングソリューション推進部 グループマネージャー 小池 智和 氏)

●コールセンター支援
『コールセンター短期立上げを 実現するSalesforce ~稼働から運営まで変化に強いコールセンターの構築方法とは~』(株式会社セールスフォース・ドットコム フィールドセールス本部 シニアアカウントエグゼクティブ 荒谷 英智 氏)
『サービスレベルの向上と業務の効率化』(ウイングアーク テクノロジーズ株式会社 技術本部 製品企画部 帳票企画・設計グループ グループマネージャ 渡部 覚 氏)
『損保ジャパンのコールセンターにおけるSalesforce活用事例』(株式会社損害保険ジャパン IT企画部 課長 柱本 裕 氏)

 特に、提携のニュースが話題を呼んだグーグル関連のセッションでは、グーグルの佐藤氏が、会社のカルチャーから製品の理念まで共通するする部分が多いセールスフォースとグーグルの提携は「Natural Partnership」であると紹介しつつ、提携が生み出した具体的な新サービスのひとつである、アドワーズ広告とセールスフォースの連携サービス「Salesforce for Google AdWords」について、セールスフォースの内田氏とともに具体的に説明した。

 また、これに続くセッションは、セースルフォースの谷氏による、セースルフォース自社のマ-ケティング活用事例。共通の基盤から計算されるROI(投資対効果)を参照しつつ、営業/マーケティング活動を科学的にハンドリングしている自社の例を紹介し、満員となった会場の注目を集めた。

 どのセッションも満場感と活気にあふれたものとなっており、CRMやSaaSへの、また、同分野のリーディングカンパニーであるセールスフォースへの注目の高さが強く実感できるイベントであった。

【公式サイト】
 セースルフォース・ドットコム
【最新の関連ニュース】
 小田急電鉄、保険管理システムをセールスフォースのSaaSプラットフォーム上に構築
 セールスフォース、開発者向けコミュニティの日本語サイトを開設
 中部テレコミュニケーション、セールスフォース使うCRMシステムを2週間でカットオーバー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2007/11/05 12:15 https://markezine.jp/article/detail/2065

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング