SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

博報堂DYMとDAC、パナソニックのスマートテレビで動画広告配信サービスを提供開始

 博報堂DYメディアパートナーズとデジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(以下、DAC)は、パナソニック提供のテレビ「ビエラ」上で動画広告の配信・掲載を開始した。動画広告は、対象機器をインターネットに接続すると表示される、ホームスクリーン上中央部に表示される。リモコンのキー操作で大画面での再生が可能。また、動画表示後には動画広告や関連するキャンペーンについて、視聴者へのアンケートを実施することもできる。そのため、視聴者の反応を即座に抽出する新しい効果検証を実現できる。

 米国をはじめとした国々で、広告主のオンライン動画広告への関心が急速に高まっています。その中でも生活に密着し、広告の表示サイズの大きいテレビ画面で配信される動画広告は、インパクトや見やすさの面から、より高い広告価値を生み出すことが期待されている。

 スマートテレビの普及を受け、同社の「ミライテレビファクトリー」が主体となり、DACと協働でテレビホーム画面上に動画広告を配信・掲載する新サービスを開発し。2014年2月21日より東芝のレグザクラウドサービスのクラウドメニュー画面内で動画広告の掲載を開始してきた。今回の提供は東芝に続き2件目。なお今後は、ターゲティング広告などの実施も視野に入れられている。

【関連記事】
広告主は動画広告活用に何を期待するのか?【オプト調査】
クックパッド、スクロールしても動画再生が連携するスマホ向け動画広告の提供を開始 
ランサーズとローカスが業務提携~クラウドソーシング上での動画カテゴリー強化へ
「Antenna」が全面リニューアル、新たな動画広告メニュー販売も開始
FreakOutとBBmedeia、動画広告クリエイティブ・コンテンツの研究・開発ユニット結成

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング