SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第98号(2024年2月号)
特集『お客様の「ご愛顧」を得るには?』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

メディアフラッツ、着信課金型広告「ナンバーアフィリエイト」を12月にリリース

 メディアフラッツは、「ウェブ電話」サービスを提供するリンクとともに記者発表を行い、12月3日にリリースする「ナンバーアフィリエイト」について紹介した。

 リンクが提供する「ウェブ電話」では、「ウェブID」という識別コードを通話に付与することによって、通話記録とIDを通話履歴に記録することができる。「ナンバーアフィリエイト」は、このウェブIDを利用した新しいアフィリエイトモデル。このシステムでは、エンドユーザーが広告バナーをクリックし、専用ページで入力した電話番号に対して自動発信して番号の実在確認を行う。さらに電話を受けたユーザーが通知されたナンバーをプッシュすることによって意思確認の取れた番号だけを保存する。この確認フローは、広告バナーに埋め込まれた「telタグ」による通話でも同様に行われる。

「ナンバーアフィリエイト」開発の経緯を紹介する
メディアフラッツ代表取締役 中村佳史氏。

 「ナンバーアフィリエイト」では、(1)電話番号の取得、(2)エンドユーザーとの通話、(3)1と2を時間帯で切り替え、(4)電話番号へのコールバック通話、の4つの広告商品メニューによって、成果対象(広告費用発生対象)を設定することができる。これら広告メニューのうち、1から3の広告費用はいずれも3,000円、プラス見積によって確定。4は成果対象や広告主の業種によって異なる。

 メディアフラッツは、モバイル・PC・紙媒体に対応したクロスメディア展開可能なこの新サービスによって、全国展開を目的としたプロモーションから、自社のエリアの電話番号だけがほしいという地域特化型プロモーションまで活用することが可能としている。

メディアフラッツ
リンク

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2007/11/08 15:22 https://markezine.jp/article/detail/2088

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング