SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ネイティブ広告ネットワークを活用して情報を拡散!「Native News Wire」リリース

 ベクトルは、10月30日、戦略PRとアドテクノロジーを掛け合わせた情報発信活動をオンライン上で完結できる「Native News Wire(ネイティブニュースワイヤー)」プラットフォームサービスの提供を開始した。

 昨今、ユーザーが通常利用しているメディアやwebサービスの中で、違和感なく自然になじむデザインや機能で表示される広告「ネイティブアド」を活用したコンテンツマーケティングが注目されている。

 「Native News Wire」では、広めたい商品・サービスの情報や、情報を届けたいターゲット情報をサイト上から入力。次に、情報を掲載したいメディアを選ぶと、記事コンテンツとしての露出を図ることができる。さらに拡散したい施策を選択することで、露出した記事をキュレーションアプリに配信させたり、外部メディアの広告枠や記事下関連記事に表示させることができ、ターゲットとなる生活者に記事を届けることが可能に。オープン時点で40以上の代表的なニュースメディアが参加しており、広めたいニュースの内容やターゲットとする読者の属性に応じて、最適なメディア・ミックスをすることができる。今後、さらに提携メディアを拡大させていく予定。

【関連記事】
マイクロアドとベクトル、合弁会社設立~アドテクとPRを融合した新ネイティブアドサービス共同展開
セプテーニとVASILY、ファッションアプリ「iQON」のネイティブ広告を共同開発
ログリーのネイティブ広告サービス、ライオンの新生活情報メディアに採用
DAC、スマートデバイス向けネイティブ広告ネットワーク「Smarti Native Feed」提供へ
オールアバウトがネイティブ広告の販売を開始、AntennaやOutbrainなどからの誘導も実現

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/11/04 08:30 https://markezine.jp/article/detail/21147

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング