SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第72号(2021年12月号)
特集『マーケターの「これから」を話そう』

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Yahoo!がトップページをタイムライン化、スマホシフトによる収益構造の変化に対応

 29日に行われた決算発表会で、宮坂氏は、Yahoo! JAPANのサービスの利用端末がスマートフォンにシフトしていることに触れ、現在、トップページをタイムライン化に向けてテストを行っていると語った。

 利用デバイスの変化は広告売上にも表れており、スマートフォンの広告売上はこの四半期にはじめて200億円を突破。スマートフォンの広告売上高は、この1年間(13年度上半期‐14年度上半期)で174億円伸びたが、それ以外のデバイスでは87億円減少している。また、広告商品では検索連動型広告の衰退が著しく、YDN( Yahoo!ディスプレイアドネットワーク)が広告事業を牽引する状況となっている。

2014年度第2四半期決算発表資料より
2014年度第2四半期決算発表資料より

 Yahoo! JAPANではこうした状況を踏まえてさまざまな対策をとっているが、そのひとつとして、トップページを現在の静的なウェブページではなく、FacebookやTwitterのようなタイムライン型に変更するため、現在試験中であるという。「スマートフォン、タブレットの利用者にとって一番見慣れているのはタイムライン型であり、成功の確率が高いのはタイムライン化したUIにビッグデータを駆使した、(利用者に)ぴったりの広告を配信すること」(宮坂氏)。まずトップページからタイムライン化し、それを徐々に広げていく。初速は好調だが、トップページを変えるのは大きな取り組みであることから、徐々に利用者の数を広げて将来的には100%の利用者に公開したいと語った。

2014年度第2四半期決算発表資料より
2014年度第2四半期決算発表資料より

 また、広告による収益化については、成長のドライバーとなりうる以下の5つの広告商品を発表。DSP、DMPなど、新たに提供を開始したデータ関連のサービスを活かして、Yahoo! JAPANしか持ちえない多様なデータに立脚した広告商品として開発・展開すると語った。

2014年度第2四半期決算発表資料より
2014年度第2四半期決算発表資料より

【関連記事】
「タイムシフト視聴」は30代女性の6割、世代で異なる「どうしても欠かせないメディア」【NHK調査】
デスクトップ検索広告費は大幅に減少、モバイルへのシフトが鮮明に【eMarketer 米国広告費予測】
スマートフォンが20代で急速に浸透、進むデバイスシフト
約3割がスマホ・タブレット利用でPC利用頻度が減少/商品・サービス購入はスマホよりもPCか
アドビとニールセンが提携、テレビからスマホまで包括的な分析を可能にするプラットフォームを来年始動

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/10/30 11:53 https://markezine.jp/article/detail/21282

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング