SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

FT、世界中の読者に世界中のニュースを届ける新アグリゲ―ションサービス「FirstFT」

 「FirstFT」は、Financial Times(FT)だけでなく、その他のサイトで公開されているおすすめ記事を紹介する無料のメールサービス。コンテンツは、FTのアグリゲ―ションの新たな責任者となったアンドリュー・ジャック氏のもと、新設された編集チームが作成。グローバルのすべての地域にいる読者に合わせて毎日新たな情報の概要を届ける。

FirstFTのサイトで公開されているサンプルメール画面
FirstFTのサイトで公開されているサンプルメール画面

 利用者は、業界や執筆者を選べるだけでなく、同社のマーケット担当チームによる午前と午後のまとめ、投資家向けの情報など40以上のブリーフィングを選択できる。上の画面を見ると、よくあるHTMLメールのようだが、アンドリュー・ジャック氏は次のように語っている。「情報過多の時代において、読者は終わりのないソーシャルメディアの情報の流れを避けようとしています。信頼できる編集部による判断とアグリゲ―ションは、忙しい読者にとってますます価値のある便利なものとなっているのです」。

 FTは2006年の段階で、ユーザーに合わせたコンテンツを配信するメールサービスをスタート。その後も「FT Antenna」といった実験的なサービスを展開している。FT Antennaは、1日中ツイッターを見ている時間がないけれど、ウェブ上のバラエティに富んだ面白い記事を読みたい人のためのサービス。編集部が信頼するアカウントからのツイートによって生成され、注意深く選んだウェブサイトへのリンクだけが表示される。主なスコアリングメカニズムはツイートの数を反映しているが、フォロワーが少ないアカウントが不利にならないよう調整される。

 今回提供を開始した「FirstFT」は同社のこうした取り組みを踏まえて構築。また、FT.comのアクセスのほぼ半分はモバイルから来ているため、FirstFTもすべてのデバイスに向けて最適化される。

【関連記事】
キュレーションマガジン「Antenna」の自動再生動画広告が全デバイスに対応、機能も拡大
カカクコム、暮らしに特化した女性向けキュレーションサイト『キナリノ』リリース
スマートニュース、元Flipboardのクレイグ・モド氏がUIデザイン アドバイザーとして参画
調査ニュースサイト「しらべぇ」、 月間295万PV/147万UU達成、10月より配信記事倍増
新聞社サイトの平均読了率は70%/ライフスタイルサイトのスマデバ閲覧率は60%【popIn調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/10/31 18:30 https://markezine.jp/article/detail/21290

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング