SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

HCD-Net、「人間中心設計専門家・スペシャリスト」受験者の募集を11月25日より開始

 NPO法人人間中心設計推進機構(略称HCD-Net)は、人間中心設計の専門スキルを評価し認定する、「人間中心設計専門家(第6期)」および「人間中心設計スペシャリスト(第2期)」認定制度の受付を、11月25日(火)より受付開始する。

 近年、製品やシステムをとりまくサービスや、Webサイト、スマートフォンアプリケーションなど、さまざまな分野で人間中心設計が注目されている。しかし、専門スキルを持つ人材はまだ少なく、企業においても人材の育成・確保についてのノウハウが不足している。同様に人間中心設計の従事者自身も、専門スキルの客観的な保証を得ることが難しい状態にある。このため、専門スキルを客観的に保証する制度へのニーズが高まっている。このような背景から、昨年の受験者数は140%伸長。過去5年間での認定者は404名(内訳:人間中心設計専門家351名、人間中心設計スペシャリスト53名)となっている。

 試験方法はいずれも書類審査。受験者は過去に取り組んできた人間中心設計や、ユーザビリティの活動を申請書に記入。記述内容によって、ふさわしいスキルの有無が審査される。実績にもとづく試験のため、専門スキルの保有を客観的に証明することができる。

人間中心設計とは

 人間中心設計(Human-Centered Design、略称 HCD)は、利用者の特性や利用実態を的確に把握し、開発関係者が共有できる要求事項としてまとめ、ユーザビリティ評価と連動した設計により、より便利で使いやすく、ユーザーエクスペリエンス(利用者の体験)に優れた商品やシステムを提供する一連の活動プロセスを指す。

「人間中心設計専門家」と「人間中心設計スペシャリスト」の主な違い

 「人間中心設計専門家」
 概要:人間中心設計の実務能力と、マネジメント能力をあわせた、統合的な専門家
 受験資格:人間中心設計・ユーザビリティ関連の実務経験「5年」以上
 想定受験者:人間中心設計を主業務とする方、研究者、組織への普及をするマネジメントの方

 「人間中心設計スペシャリスト」
 概要:人間中心設計の基本的な実務能力をもつ実務担当者
 受験資格:人間中心設計・ユーザビリティ関連の実務経験「2年」以上
 想定受験者:人間中心設計が主業務で5年未満の方や、デザイナーやエンジニアなどで兼務の方
 ※どちらも大学院在学中の実務活動は実務経験年数に含まれる。

 【募集概要】
 申込受付期間:2014年11月25日(火)~2014年12月31日(水)
 合格発表時期:2015年3月下旬
 試験料:12,000円

【関連記事】
スマートニュース、元Flipboardのクレイグ・モド氏がUIデザイン アドバイザーとして参画
テーマは「体験のデザイン」XPD2014 AUTUMNが11月14日開催
Twitter、プロフィールページが新デザインに
IBM、戦略・データ・デザイン融合のコンサルティングを展開、世界10か所にラボ設立
サンリオ公式サイト刷新、「gigya」でソーシャル連携強化、フラットデザイン採用

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/11/10 17:00 https://markezine.jp/article/detail/21339

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング