SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ChatWorkがAndroidアプリを大幅リニューアル、動画・音声のやりとりも可能に

 複数人が参加するグループチャットが可能な「ChatWork」は、クラウド会議室として利用できるだけでなく、タスク管理やファイル共有などの機能も有している。毎日7万ユーザー以上がログインし、これまでのやり取りされたメッセージ総数は3億以上。KDDI、nanapi、京都大学、慶応義塾大学など57,000を超える企業、教育機関などで採用されている。

 ChatWorkの新しいAndroidアプリでは、シンプルでわかりやすいデザインを採用。ナビアイコンをタップする事で「チャット一覧」「タスク一覧」「コンタクト一覧」などへ簡単にアクセスできる。チャットのタイムラインでは常に「+」アイコンが表示され、すぐに「メッセージ送信」「タスク追加」「ファイル送信」が可能になる。

 これまでは相手のメールアドレスが分からないとコンタクトを追加できなかったが、新しいアプリでは、「相手の名前」や「チャットワークID」で探せるようになり、コンタクトの追加が簡単になっている。また「動画撮影」「音声録音」も可能になり、アプリから動画や音声で相手に情報を送ることで、文章では伝わりづらかった情報もより明確に相手に伝わるようになった。

 新しいAndroidアプリでは、これまで未対応であったAndroid5.0にも正式対応。ただし、Android4.0.3未満の端末では、アプリは利用できない。また、Android4.0.3未満の端末向けの新しいアプリ提供およびサポートは終了となる。

【関連記事】
メールでの情報共有から卒業、ガイアックスの社内SNS「Co-Work」にチャット&タグ機能
楽天生命、申込み画面にオンラインチャット導入
ビジネスチャットツール「ChatWork」登録ユーザー10万人突破、英語版もリリース
Evernote、社内の知識共有に使える「Evernote Business」リリース
DropboxとEvernote、国内の月間利用者数が50万人突破

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/12/11 12:20 https://markezine.jp/article/detail/21578

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング