SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Google、自走するクルマの完全なプロトタイプを公開、ハンドルやブレーキがなくても安全運転が可能

 Googleは今年5月、自走する小さな自動車のプロトタイプを公開した。以下の写真を見るとわかるが、そのクルマにはまだ本当のヘッドライトが付いていなかった。

初期バージョンのプロトタイプとその完成図
初期バージョンのプロトタイプとその完成図

 12月23日、Google Self-Driving Car Projectは、Google+ページで、完全な形のプロトタイプを公開した。それがこちらの写真である。

今回公開された完全なプロトタイプ
今回公開された完全なプロトタイプ

 Googleが目指す乗り物は、人間が介入しなくても安全に自動的に操作できるもの。このクルマは、ステアリングホイール、アクセル、ブレーキを持たない。車内は、乗る人の荷物がおけるスペースと、2つのシート、スタートボタンとストップボタン、そしてルートを表示するスクリーンがあるだけだ。その代り、ソフトウェアとセンサーが機能する。

 最優先事項は「安全」。そのため、死角をなくすための複数のセンサーを持ち、クルマの周囲にある物体を検出できる。その検出範囲はフットボール競技場2つ分以上だという。また、出せる速度は時速25マイル(時速約40キロ)まで。

 5月に公開された動画では、そのかわいらしい外見と、思った以上のスピードに驚く試乗した人の姿を見ることができる。

【関連記事】
Google、手のふるえを吸収するスプーンの開発会社を買収
日産、電気自動車をリモート操作するAndroidアプリをリリース
アプリでクルマを呼べる「Uber API」ローンチ、アフィリエイトプログラムもスタート
セールスフォース・ドットコムとトヨタ クルマ向けSNS「トヨタフレンド」構築で提携
いすゞ自動車×ユーグレナ、100%ミドリムシ由来のバイオディーゼル燃料開発を目指す「DeuSELプロジェクト」発足

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング