SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

JINSとオムロンヘルスケア、ヘルスケア分野での共同開発プロジェクト発足

 オムロンヘルスケアとジェイアイエヌは、拡大が予想されるヘルスケア市場のセンシング・ニーズに対応するため、2016年春の商品化をめざし、JINSのセンシング・アイウエア「JINS MEME(ジンズミーム)」をプラットフォームとした新ソリューションの開発に向けた共同プロジェクトを発足した。

 高齢化の進行、生活習慣病患者・予備群の増加など、ヘルスケアニーズが高まりを見せる中、豊富な生体データを“常時”かつ“手軽に”取得することのできるウエアラブルデバイスに対する期待は急速に高まっている。特に、五感の9割以上を占める頭部の24時間センシングの実現については、早い段階から潜在的な病気や怪我の予兆を察知し、積極的な健康管理の実践をめざす「先制医療」の発展を推し進めるうえで、大きな貢献が期待されている。

 両社は、JINSが2015年秋に発売する予定の「JINS MEME」に当社が保有する生体計測・解析技術を応用することで、ヘルスケア分野における新たな付加価値創造をめざし、「JINS MEME」をプラットフォームとした拡張型デバイスの共同開発を進めていく。

【関連記事】
ウェアラブルコンピューティングにおけるイノベーション/「JINS MEME」、2015年春発売
JINS、コラボモデル専用オンラインショップ「JINSコラボチャネル」開設
2014年国内ウェアラブル市場は130万台規模に~スマホの成長率鈍化が市場の成長を後押しか
ポータルサイト「goo」運営のNTTレゾナント、ウェアラブル端末向け開発を強化
ウェアラブルデバイスの世界市場規模、2015年には1億台突の見込み【矢野経済研究所調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2015/01/07 18:10 https://markezine.jp/article/detail/21710

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング