MarkeZine(マーケジン)

記事種別

東急スポーツオアシスとドコモ、アプリとウェアラブルデバイスを活用した健康サポートを共同展開

2015/01/14 08:30

 東急スポーツオアシスは、NTTドコモと共同し、2015年春オープン予定の「東急スポーツオアシスもりのみやキューズモール店」にてIFCTサービスを展開する。同店でのサービス展開を足掛かりに、広くICTを活用した健康サポートの展開を進めていく。IFCTとは、Information&Fitness Communication Technologyの略。フィットネスと情報通信を融合させ健康サービスを提供する東急スポーツオアシスが独自に展開するサービス名称である。

 同社はNTTドコモと共同開発したアプリとウェアラブルデバイスを活用し、会員の施設における運動履歴やマシンの利用履歴の管理をはじめ、1日の歩行数や消費カロリーなどの日常活動の情報もトータルに管理できるような仕組みの構築を目指す。また、インストラクターとのかかわりに関しても会員の運動状況に応じたコミュニケーションを、施設内だけでなくアプリを通じて頻繁に取ることで、施設に通っていない間もやる気の継続をサポートしていく。

【関連記事】
1日3分で運動不足を解消!フィットネスアプリ「3分フィットネス」リリース
Mindshare、ウェアラブルテクノロジーグル―プ「Life+」設立
リクルート、人工知能を使ったダイエット・フィットネスアプリ「Noom」を運営する米Noomに出資
クックパッド ダイエット、宝島社『InRed』とコラボ企画「やせしろ朝食診断」スタート
管理栄養士が個別サポート!「クックパッド ダイエット」スタート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5