SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

任天堂とDeNA、スマートデバイス向けゲームアプリを共同開発

 任天堂とDeNAは17日、グローバル市場を対象にしたスマートデバイス向けゲームアプリの共同開発・運営、多様なデバイスに対応した会員制サービスの共同開発に関する業務・資本提携について合意したと発表。提携内容は以下のとおり。

1. 任天堂のキャラクターを含む任天堂の知的財産(任天堂 IP)を活用したスマートデバイス向けゲームアプリの共同開発・運営
2. 多様なデバイスに対応した新しい会員制サービスの共同開発

 両社は任天堂のゲーム専用機だけでなく、PC、スマートフォン、タブレットなどの多様なデバイスに対応した新たな基幹システムを構築。その基幹システムを用いた会員制サービスを、2015年秋の開始を目指して共同開発する。この会員制サービスにより、顧客との関係をより一層強化する方針だ。

 両社は互いに、第三社割当の方式によって自社保有株式を取得。DeNA株式15,081,000株(発行済株式数の10.00%、総額約220億円)、任天堂株式1,759,400株(発行済株式数の1.24%、総額約220億円)を取得する。

【関連記事】
ヤフー3Q決算発表、ゲームパブリッシング事業も開始、スマホシフトの第2段階は「アプリとマネタイズ」
CA、スマホゲームアプリ特化型ダイナミックリタゲ広告「Dynalyst for Games」リリース
スマホゲームアプリをダウンロードしたきっかけ、最多は「スマートフォン広告を見て」
ローソン、Googleの位置情報ゲーム「Ingress」と全面タイアップ、全店舗をポータル登録
集客から運用支援までサポート!ゲームアプリ分析サービス「BUNSEKI」と「appmart」が連携

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング