SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

新規アカウント10万件、累計24万件突破! LINEが「LINE@」オープン化1ヶ月の実績を公開

 「LINE@(ラインアット)」は飲食・アパレルなど実店舗を持つ法人および、メディアや行政などの限定的なユーザーが利用できるビジネスアカウントとして2012年12月にサービスを公開した。その後、2015年2月12日に、実店舗を持たない法人や個人などへ対象を拡大。あらゆるユーザーが月額無料で活用できる公開型アカウントとして刷新・オープン化を実施した。

 今回のオープン化により、3月12日までの1ヶ月間で新規の国内「LINE@」アカウント開設数は10万件を突破、オープン化前のアカウントも含めた累計の国内アカウント開設数は24万件を突破した(2015年2月11日までのアカウント開設数は約14万件)。

LINE@アカウント開設推移(国内)
LINE@アカウント開設推移(国内)

 また、小売・飲食業などのローカルビジネス事業者に加え、EC事業者や個人の利用が広がり、「LINE@」活用の多様化も進んでいる。例えば、EC事業者が「LINE@」で限定キャンペーンのメッセージを配信したところ、該当アカウントを友だち登録しているユーザーの68%がキャンペーンページに遷移、開設数週間のアカウントによる1度の配信で、メールマガジンで行っていたキャンペーン訴求と同等の売上げを記録した事例も生まれている。

オープン化後カテゴリ別アカウント開設割合

オープン化後カテゴリ別アカウント開設割合

【関連記事】
スタートトゥデイ、「LINE ビジネスコネクト」を活用したゾゾタウンの公式アカウント開設へ
利用者が最も多いタクシー配車アプリ、トップは「全国タクシー配車」/「LINEタクシー」は3位に
LINE、企業向け広告メニュー「LINE スポンサード着せかえ」の提供を開始、第一弾はキユーピー
ガンホー・LINEはトップ5入り/アプリ経済を活気づけた『2014年世界トップ52パブリッシャー』
LINE、CyberSource社と戦略的提携へ~LINE Pay事業のグローバル展開を加速

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2015/03/18 12:30 https://markezine.jp/article/detail/22148

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング