SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第97号(2024年1月号)
特集「2024年の消費者インサイト」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「Wii」のネット接続率はまだ40%

 任天堂、東日本電信電話、および西日本電信電話は、「Wii」と「フレッツ光」との接続推進に向け協業することで合意した。

 任天堂によると「Wii」はインターネット接続で楽しめる各種機能を搭載しているが、実際のネット接続率は約40%と、既に50%を超える家庭へのブロードバンドの普及率に比べ低い水準に留まっていた。一方、NTT東西も、それぞれ提供する「フレッツ光」について、新たな光ブロードバンドの利用シーンの提供や、より簡易な操作でインターネットに接続可能な端末の提供などについての展開を模索してきたことから、今回の合意にいたったという。

 具体的には「Wii」をインターネット接続する際の心理的障害や、技術的障害などを軽減するため、ユーザーへのコンサルティングおよび設定サポートについて、「Wii×フレッツ接続サポートセンター(コールセンター)」の開設や「簡単!便利!Wii接続おまかせパック」などのサービスを展開するとしている。

プレスリリース:「任天堂とNTT東日本・NTT西日本における「Wii」と「フレッツ光」との接続推進に向けた協業について」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2007/11/29 18:46 https://markezine.jp/article/detail/2223

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング