SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

LINE、ソーシャルギフト市場へ本格参入~「LINE ギフト」リリース

 LINEは、同社が運営する「LINE」において、LINEから直接商品の購入・プレゼントができるサービス「LINE ギフト」を公開した。これを機に、ソーシャルギフト事業へ本格参入する。

 「LINE ギフト」は、LINEで繋がっている友だちにギフトをプレゼントできるサービス。2014年11月より、スマートフォンECサービス「LINE MALL」において同名のサービスを試験的に展開している。この度、より気軽にギフトを贈ることができるようサービスを独立させ、LINE上でギフト商品の購入・送付ができるようになった。

 購入者は、LINE上からギフト商品を決定後、LINEの友だちリストから贈り先を選択するだけで、相手の住所を知らなくても送付できる。受取人側で配送先住所を設定するため、購入者側は住所確認などの手間はかからない。ギフト商品には、新たにスターバックスのギフトチケットや、ファミリーマートの挽きたてコーヒー「FAMIMA CAFE」、ローソンのウチカフェプレミアムロールケーキ・ブレンドコーヒー・からあげクンなどの商品が加わった。

【関連記事】
アメリカン・エキスプレス、「百貨店ギフトカード」をコンビニ大手でも販売
7人に1人がソーシャルギフトの利用経験者あり【ジャストシステム調査】
ピーチ・ジョン、ギフティのギフト販売システムを採用
リクルートと三越伊勢丹、共同でECサイト『キノギフト』スタート
住所を知らなくてもLINEやTwitterでギフトを贈れる!「ロクシタン eギフト」スタート

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング