SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

LINEから1ステップで応募!IMJ、LINE ビジネスコネクトを利用したキャンペーンシステム提供へ

 アイ・エム・ジェイは、2015年5月より、LINE ビジネスコネクトを利用した製品購入後にレシート画像で応募できるキャンペーンのシステム提供を開始した。すでに日本コカ・コーラの製品「ジョージア」で、同システムを活用したキャンペーンがスタートしている。同様に7月には、LINEからシリアルコードを入力することで応募できる、シリアルキャンペーンシステムのリリースを予定している。

 従来のマストバイキャンペーンは、店頭POPや、バナー広告、メルマガ、SEM、SEOで告知し、専用Webサイトに誘導するというのが一般的で、告知費用に見合う応募率の確保が課題だった。またスマートフォン利用者の拡大により、かつての携帯サイトから空メールで登録するメルマガの集客効果が薄れ、キャンペーンサイト集客力が低下するなど、スマートフォンでの集客も課題となってた。

 そこでIMJではLINE ビジネスコネクトを活用し、企業のLINEアカウントと友だちになり、購入したレシートを撮影した画像を送信するだけで、ユーザーがLINEから1ステップで応募できるスキームの開発に至った。さらに、LINE公式アカウントの告知機能と本システムの応募機能を組み合わせることで、購買に近いライフタイムで消費者とコミュニケーションできるなど、商品特性を最大限に活かしたこれまでにないキャンペーン設計が可能になる。

【関連記事】
スタートトゥデイ、「LINE ビジネスコネクト」を活用したゾゾタウンの公式アカウント開設へ
オプト、LINEビジネスコネクト配信ツール「TSUNAGARU」にCRMとO2O機能を連携
三井不動産レジデンシャル、「LINE ビジネスコネクト」を活用した顧客コミュニケーション展開へ
日本オラクル、「Oracle Service Cloud」と「LINE ビジネスコネクト」の連携発表
「LINE ビジネスコネクト」導入企業増加が広告事業の売上牽引か【2014年7-9月期LINE業績】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング