SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

グルーバーとGMOリサーチ、ネイティブアドのブランドリフト効果測定サービスを提供開始

 グルーバーとGMOリサーチは、コンテンツ型ネイティブアドのブランドリフト効果を可視化・レポーティングするサービスの提供を開始した。

 今回、グルーバーのネイティブアド・コンテンツマーケティングの効果測定・分析ソリューション「TRIVER」と、GMOリサーチのデジタルマーケティング施策の効果測定・分析ができるリサーチパネル「CPAT」を連携。コンテンツ型ネイティブアドの閲覧状況・属性やブランドリフト効果を可視化・レポーティングを実現する。

 日本国内でのコンテンツ型ネイティブアドへの取組みが本格化している。一方で、記事コンテンツの閲覧数や、閲覧がどのような態度変容に結びついたかを判断する基準は確立されておらず、適切な打ち手につなげにくいという課題が顕在化している。両社はこの課題を解決するため、サービスの共同開発に至った。

【関連記事】
購入しなかった人にその理由を聞ける!ロックオンとGMOリサーチ、「アドエビス リサーチ」リリース
オプト、スマホサイト・アプリの定性分析サービス「スマホUIテスター」リリース
ネイティブ広告プラットフォーム「logly lift」、「不適切コンテンツ判定フィルタ」を導入
「DeNA Ad Platform」、月間延べ利用者3,500万人超にネイティブ広告の配信が可能に
JIAA、ネイティブ広告に関するガイドラインを策定

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング