SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

スマホ所有者の61.6%「LINE公式アカウントを追加した経験ある」と回答【MMD研究所調査】

 MMD研究所とコロプラが実施した「企業の公式アプリ・LINE公式アカウントに関する調査」によると、61.6%がLINE公式アカウントを追加した経験があること等がわかった。

スマホ所有者の61.6%、「LINE公式アカウントを追加したことある」

 スマートフォンを所有する1,580人を対象に、公式アカウントをフォローしているSNSは何か聞いたところ、「Twitter」で31.7%、「Facebook」で18.9%、「Instagram」で8.9%のユーザーが企業アカウントをフォローしていることがわかった。

企業、ブランド、ショップなどの公式アカウントをフォローしているSNS(N=1,580)
企業、ブランド、ショップなどの公式アカウントをフォローしているSNS(N=1,580)

 LINEの公式アカウントについて聞いたところ、「追加したことがある」が61.6%、「追加したことはない」が26.8%、「LINEを利用していない」が11.6%となった。

LINEで公式アカウントを追加した経験(N=1,580)
LINEで公式アカウントを追加した経験(N=1,580)

学生は「アーティスト」のLINE公式アカウントに関心

 続いて、追加したことがあるLINE公式アカウントのカテゴリについて聞いたところ最も多かったのは「ファッション」の42.2%だった。属性別で見ると会社員の39.0%が「ファッション」と回答し、次いで「グルメ・フード」35.7%、「ゲーム」31.0%と続いた。専業主婦では「ファッション」が53.8%と最も多く、次いで「グルメ・フード」40.8%、「ショップ・グッズ」40.0%となった。一方、学生では「アーティスト」が43.4%と最多で、以下「ファッション」41.8%、「グルメ・フード」38.2%と続くことがわかった。

追加したことのあるLINE公式アカウントのカテゴリ
追加したことのあるLINE公式アカウントのカテゴリ

「クーポン目的で公式アカウントを追加」が48.2%

 LINE公式アカウント利用者973名を対象に、割引クーポンを利用について聞いたところ「利用したことがある」と回答した人は38.2%だった。続いてクーポン目的で公式アカウントを追加したことがあるかを聞いたところ、48.2%の人がクーポン目的で公式アカウントを追加したことがあることがわかった。

LINE公式アカウントの割引クーポン利用(左)、割引クーポン目的でのLINE公式アカウント追加経験(右)(共にN=973)

LINE公式アカウントの割引クーポン利用(左)、割引クーポン目的でのLINE公式アカウント追加経験(右)
(共にN=973)

 公式アカウントを追加したきっかけと目的を聞いたところ、きっかけは「LINE内のお知らせから」が47.7%と最も多く、次いで「友人から送られてきたスタンプで知った」が19.5%、「店頭での告知やチラシで知った」が13.3%となり、目的は「スタンプが欲しかったから」が55.1%と最も多く、次いで「クーポンを使うため」が38.2%、「セール情報やキャンペーン情報が欲しかったから」が25.7%となった。

LINE公式アカウントを追加したきっかけ(上)、目的(下)(共にN=973)
LINE公式アカウントを追加したきっかけ(上)、目的(下)
(共にN=973)

「LINEスタンプを入手後、来店や購入頻度増える」は26.5%

 LINEのスタンプ目的で公式アカウントを追加したことがあると回答した人を対象に、スタンプを手に入れたことでその企業の好感度が上がったことはあるかという質問をしたところ、49.1%の人が「好感度が上がった」と回答した。

LINEスタンプを手に入れた企業への好感度(N=576)
LINEスタンプを手に入れた企業への好感度(N=576)

 また、「好感度が上がった」と回答した人を対象にスタンプ入手後、実際にしたことがある行動について聞いたところ、「その企業の店舗に行ったり、商品を購入したりする頻度が増えた」が26.5%と最も多く、次いで「その企業やブランドの情報を積極的に仕入れるようになった」が20.8%となった。

LINEスタンプ入手後、実際に取ったことがある行動(N=283)
LINEスタンプ入手後、実際に取ったことがある行動(N=283)

 【調査概要】
 「企業の公式アプリ・LINE公式アカウントに関する調査」
 ・調査期間:2015年8月21日~8月22日
 ・有効回答:1,580人
 ・調査方法:インターネット調査
 ・調査対象:スマートフォンを所有する15歳以上の会社員、専業主婦(主夫)、学生

【関連記事】
Pontaポイント、LINEフリーコイン・LINEギフトコードとの相互交換サービス開始
LINEバイト、採用担当者と応募者がコミュニケーション行える新機能「LINE応募」を公開
待ち合わせ時間を短縮!LINEユーザー間でお互いの居場所を共有できる「LINE HERE」リリース
映像配信サービス「LINE LIVE CAST」、イベント連動型コンテンツを拡大
LINEと日本MS、“女子高生AI「りんな」”活用した人工知能型公式アカウントを企業向けに提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2015/09/02 10:00 https://markezine.jp/article/detail/23022

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング