SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

YouTube、動画広告収入を得られるパートナープログラムを公開

 2007年初頭、YouTubeは人気の高い動画作者に対して報酬を支払うパートナープログラムをスタート。人気のある動画をコンスタントにアップロードするユーザーをYouTubeのパートナーとして認定し、動画によって報酬を得る道を提供した。

 これまではYouTube側が選んだユーザーをパートナーとして認定するかたちだったが、今回の発表によって、米国とカナダ在住のユーザーでパートナーになることを希望する人は、誰でも参加を申し込むことができる。パートナーになると、自分がアップした動画のうち、収益を得るために提供する動画を決め、その動画の周辺に表示される広告収益の一部を得ることができる。

クリエイティビティをお金に変えるパートナープログラムのページ。

 YouTuneは数か月前、パートナー候補として選出されたユーザーに対してこのプログラムを提案し、すでに100人以上がプログラムに加わっている。そのうち100万以上のPVを獲得したクリエイターは1か月で数千ドルの収入を得たという。YouTubeは、今回のプログラム参加の呼びかけによって、マーケターもキャンペーンに利用できる動画の質と量が高まるというメリットが得られるとしている。

【関連リンク】
プレスリリース:"YouTube Partner Program Invites Video Makers to Earn Money; Marketers Take Note"
「YouTube、人気のある動画作者に広告収入を与えるパートナー制度をスタート」
「動画共有サイト「AmebaVision」で、投稿者に広告収益を還元」
「YouTubeもmixi動画も片っ端から横断検索、気に入った動画を登録できる「Woopieチャンネル」」
「Googlerになって傑作動画を発掘!グーグルがYouTube関連職を採用開始」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2007/12/12 09:30 https://markezine.jp/article/detail/2313

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング