SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Twitter、「コンバージョンリフトレポート」の提供を開始~デバイス間の広告効果測定が可能に

 Twitterは、デバイス間のTwitter広告の効果測定を可能にする「コンバージョンリフトレポート」の提供を開始した。同レポートでは、広告主が設定した配信先ターゲットを広告接触/非接触の2つのグループに分類。その後Twitterが2つのグループのコンバージョン率の比較を行い、効果の見られたターゲティングやコンバージョン効率などの分析結果を解説する。

 現在モバイルや異なる複数のプラットフォームを広告に利用する広告主が増えている。一方で、ユーザーは多くのプラットフォームやデバイスで広告に接触しており、ラストクリックをコンバージョンとして評価するのは正確ではないと同社は考え、今回の機能追加に至った。

 また、同レポートでは以下3つのタイプの広告キャンペーンにおいて効果検証を行うことができる。

  • Webサイトのコンバージョントラッキング (英語) を通してWebサイトクリックとコンバージョンを計測するキャンペーン
  • モバイルアプリのコンバージョントラッキング (英語) を通してモバイルアプリインストールの新規獲得や休眠復帰を計測するキャンペーン
  • モバイルキャリアによる他社キャリアからのユーザー獲得を目的とした広告のスイッチングコンバージョンを計測するキャンペーン

 現在は一部広告主への提供となっているが、同社では今後、全ての広告主に提供する予定だ。

【関連記事】
NTTデータ、日本語を含む全言語のTwitterデータ分析提供を実現
Twitter、話題のツイートをキュレートして表示する新機能「モーメント」を米国で提供開始
BI.GarageとUBICが協業、人工知能を使ったTwitter運用支援ツールを開発・提供へ
SNS運用支援ツール「コムニコ マーケティングスイート」、Twitterの投稿分析が可能に
CyberZ、Twitter広告含むスマートフォン広告の一元管理サービスを提供開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2015/10/19 18:00 https://markezine.jp/article/detail/23273

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング