SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

女性・若者のハートをつかめ!「Ameba」最新マーケティング事例(PR)

リアルイベントからネットに大量拡散!ソーシャルインフルエンサー活用の新プロモーションとは?

 クチコミによる波及効果の高さにソーシャルインフルエンサーを活用したプロモーションに注目が集まっている。多数のソーシャルインフルエンサーを擁するAmebaと、各メーカー企業と強い繋がりを持つファミリーマートがタッグを組んで開催した新しいプロモーションイベント「Ameba Meister FOOD&DRINK FAIR」は大きな話題を呼んだ。このイベントの概要と効果を、サイバーエージェントの山田陸氏とファミリーマート石田照雄氏、そして当イベントに協賛したロッテ商事の野口直之氏に取材した。

商品・ブランド認知拡大に有効なリアルイベント

MarkeZine編集部(以下MZ):まず、「Ameba Meister FOOD&DRINK FAIR」というプロモーションイベントについて、どのようなものなのか、実施の経緯も含めて教えてください。

サイバーエージェント執行役員 Ameba統括本部 広告部門統括 山田陸氏(写真左) ファミリーマート 商品本部 商品業務部 ファミリーマートコレクション管理グループ マネジャー 石田照雄氏(写真中央) ロッテ商事 営業本部 広域流通統括支店 広域CVS支店 営業課長 野口直之氏(写真右)
サイバーエージェント執行役員 Ameba統括本部 広告部門統括 山田陸氏(写真左)
ファミリーマート 商品本部 商品業務部 ファミリーマートコレクション管理グループ マネジャー 石田照雄氏(写真中央)
ロッテ商事 営業本部 広域流通統括支店 広域CVS支店 営業課長 野口直之氏(写真右)

石田:当社ではテレビCMや雑誌掲載など、マス向けのプロモーションはいろいろ行っているものの、どうすればもっとオリジナルブランドである「ファミリーマートコレクション」の認知を拡大させられるか、新しい手法を模索していました。そんな中、サイバーエージェントさんから、「Ameba Meister FOOD&DRINK FAIR」のお話をいただきました。ブログやSNS上で影響力の高いAmebaの女性会員さんをリアルイベントに招待し、商品の理解を深めてもらうというものです。インフルエンサーの方は情報発信意欲が高く、また発信される情報は消費者に響くというのは常々感じていたため、一緒にやらせていただくことにしました。

山田:このイベントは各メーカーと強力な繋がりを持つファミリーマートさんと、イベント運営のノウハウを持ち、影響力の強いソーシャルインフルエンサーを抱えるAmebaがタッグを組んだことで実現したものです。イベントでは、ファミリーマートさんのファミリーマートコレクションをはじめ、各メーカーさんの商品やブランドストーリーを紹介していただきました。イベント後には、インフルエンサーたちがそれぞれのブログやSNSでレポートを行うため、商品の認知拡大、さらには記事を通じて商品に対する理解を深めることができます。セミナー形式のイベントですので、あえて商品の誕生背景や、素材のこだわり、トリビア等をじっくりと伝えていただきました。そうすることで、インフルエンサーの中で商品への親しみや共感が生まれやすくなります。そういった想いが反映されたブログやSNSは、一般の消費者の方々にも効果的に波及するんです。

野口:私どももブロガー向けにサンプリングを行った経験はあるものの、こういったWeb拡散を絡めたイベントは初めてでしたので、面白そうだなと思い、参加させていただきました。

継続的な波及効果を狙って

MZ:このプロモーションイベントで達成したかった目標や、期待していた効果とはどのようなものでしたか?

石田:当日招待した方々のうち、どれだけの人にレポートが書かれ、またその記事がどれだけ見られたかという一連の流れに対する期待は前提として、後々の広まりにも期待していました。ブログ記事というのはずっと残るので、そのブログのファン以外の例えばWeb上で検索してそのブログ記事に辿りついた消費者にも情報を届けることができますよね。また、今回のイベントを通じてファミリーマートコレクション全体に興味を持っていただけた方もいたようで、イベントで紹介した商品とは別のものを店頭でお買い上げいただき、ブログ等で紹介・拡散してくれていたインフルエンサーの方も見受けられました。

野口:商品自体は、テレビCMも打っているのですが、それだけでは届かない、より幅広い層の方々に広められないかと思っていました。リアルイベントですので、面と向かってダイレクトに訴求できるのも魅力だと感じました。

次のページ
リアルイベントならではの工夫で来場者に強力に訴求

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
女性・若者のハートをつかめ!「Ameba」最新マーケティング事例連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

東城 ノエル(トウジョウ ノエル)

フリーランスエディター・ライター 出版社での雑誌編集を経て、大手化粧品メーカーで編集ライター&ECサイト立ち上げなどを経験して独立。現在は、Webや雑誌を中心に執筆中。美容、旅行、アート、女性の働き方、子育て関連も守備範囲。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング