SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第66号(2021年6月号)
特集「SNSプラットフォーム徹底解剖」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

女性・若者のハートをつかめ!「Ameba」最新マーケティング事例(PR)

活気づくママ市場をねらえ!Webとリアル、双方でアプローチ、ママ参加型イベント「マムズフリマ」の魅力に迫る

 今、企業から高い関心が寄せられている“ママ市場”。家庭のお財布を握るママは、テレビCMよりもネットでの口コミに影響を受けるという調査結果も出ている(Ameba利用者への調査より)。そんなママ市場をさらに活性化させ、発信意欲が旺盛なママブロガーたちと一緒に盛り上げていこうと、今年の5月にサイバーエージェントはママ事業部を設立した。子どもを持つ母親向けの事業を強化する、その取り組みについてお話をうかがった。(バックナンバーはこちら)

7,000人近くが来場したママ向けイベント「マムズフリマ」

 小倉優子、木下優樹菜、紗栄子、益若つばさ……。彼女たちはいずれも、この数年内に出産し、子育ての様子も含めたライフスタイルを発信して人気を集めている女性タレントだ。アメーバブログの芸能人ブロガーとしても、高いPVを誇っている。彼女たちや同じく子育て中の読者モデルを起用した、ママ向けのファッション誌も複数発行されており、企業の“ママ市場”への注目もかつてないほど高まっている

 サイバーエージェントは今年5月、育児中の女性の生活をより豊かに元気にすることを目的に、インターネットを活用した母親同士のコミュニケーションや生活をサポートする事業やサービスの開発を行う「ママ事業部」を設立した。同社が運営する「Ameba」では、これまでもママブロガーを会員組織化した「Ameba GGmom’s(アメーバジージーマムズ)」や、ママ向けのフリーマーケットイベント「マムズフリマ」など、ママにフォーカスをしたサービス展開を行ってきたが、今後はさらにインターネットを通して、育児中の女性を元気にする事業を強化していく。

 今年2月、Amebaが主催した第1回「マムズフリマ」に7,000人近い来場者が集まったことも、市場の活況を表している。ママブロガーによるフリーマーケットを中心に、芸能人ママの協力を得たチャリティーバザーやトークショー、さまざまな商品を試せる協賛ブースなど、盛りだくさんの内容がママたちの心を捉え、その様子は数多くのブログ記事として投稿された。

今年の2月に開催し、7,000人近い来場者が集まったマムズフリマの様子。すごい活気です!

 マムズフリマの担当者でもある、サイバーエージェント Ameba事業本部 広告事業部商品開発チームのシニアマネージャー 細川潤氏は「予想以上の盛り上がりだった」と振り返る。

 月間PV約311億、会員数約2829万人(2013年3月末時点)を擁する日本最大級のブログコミュニティを持つAmebaでは、近年増加しているママブロガーのネットワークを築く目的で、2012年より会員組織「Ameba GGmom’s」を運営している。元々運営していた、女性ブロガー限定の組織「AmebaGGメンバーズ」からスピンアウトしたものだ。

ママ市場にリーチ!新規事業スタートの背景

 「AmebaGGメンバーズ」への応募条件は、成人女性でAmeba会員であること。会員になると、メンバーズ限定イベントへの参加や優先的にモニター体験ができる特典がある。一方「Ameba GGmom’s」は、AmebaGGメンバーズであり子どもがいること、週に1回以上ブログを更新していることが条件で、現在15,000人が参加している。

サイバーエージェント Ameba事業本部 広告事業部商品開発チーム シニアマネージャー 細川潤氏

 細川氏は、同社がママというターゲットに注目した背景について次のように話す。「Amebaは2004年9月にスタートし、この秋で10年目を迎えます。その中で、ユーザーのライフスタイルに応じて、ブログの内容も変わってきました。

 ママになったタイミングでブログを始める人も増えており、発信力の高いママブロガーが投稿する、日常のちょっとした出来事や生の情報に高い関心を寄せています。加えて、芸能人のベビーラッシュを受けて、今や芸能人ブログのランキング上位にもママタレントが多くエントリーしていることなどから、Amebaの事業の一環としてより求められる情報やコンテンツをブロガーに提供し、ママ市場の活性化を図れればと考えました」(細川氏)

次のページ
テレビCMよりも、ネットのクチコミに影響される

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
女性・若者のハートをつかめ!「Ameba」最新マーケティング事例連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

高島 知子(タカシマ トモコ)

 フリー編集者・ライター。主にビジネス系で活動(仕事をWEBにまとめています、詳細はこちらから)。関心領域は企業のコミュニケーション活動、個人の働き方など。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング