SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

KDL・京大・電通大等、駐車場の行動履歴を活用して最適な情報を配信するIoTシステムの取り組み開始

 神戸デジタル・ラボ(KDL)、京都大学、電気通信大学は、研究開発を進めているデータ活用技術「マイクロナレッジ技術(※)」を用いて、三井不動産リアルティ、ポテンシャルユナイテッドと共に、駐車場の利用者の行動履歴を活用して個々人に最適な情報を配信する「駐車場データと周辺環境の関係性に基づく情報配信の最適化」の実証実験に向けた取り組みを開始した。

 具体的には、同技術を用いて三井不動産リアルティが管理・運営する「三井のリパーク」駐車場の利用者の行動履歴と周辺情報を組み合わせてナレッジ化し、情報を配信する実証実験を予定している。例えば、ある時間のある場所では、ユーザーにどのようなニーズがあるかを判断して情報配信する等のサービスを想定。

 将来的には、駐車場利用者に対して目的地となりうる周辺施設等をレコメンドするなど、移動通信を活用したIoTシステムによって、WEBアプリやカーナビなどによる新たな駐車場サービスの創造を目指す。

※マイクロナレッジ技術:画像や音声、行動履歴などのコンテンツを場所や時間などの周囲の状況とともに「出来事を表すナレッジ」として数値化し、周辺の状況を介してコンテンツ同士を結び付ける技術

【関連記事】
乗り換え案内アプリ「駅すぱあと」、銀座駅周辺でビーコン活用した実証実験を開始
「全国タクシー」と博報堂等、タクシークラウド広告サービス「CM視聴クーポン」の実証実験を開始
SBクリエイティブと資生堂、顧客行動分析の実証実験をドラッグストアで開始
凸版印刷が京都駅ビルでO2O2O実証実験を開始、デジタルサイネージとスマホ活用した送客効果を検証
ヤマハとJAL、日本語をリアルタイムで翻訳するアプリ「おもてなしガイド」の実証実験スタート

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2015/12/22 10:00 https://markezine.jp/article/detail/23647

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング